エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療医療費等の助成制度小児医療費助成 › 小児医療費助成(0歳から小学校6年生)

ここから本文です。

小児医療費助成(0歳から小学校6年生)

この制度は、0歳から小学校6年生までの子どもの医療費を助成するものです。

対象者

各種健康保険に加入している、0歳から小学校6年生までの子ども

(注)市の重度障害者医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度の該当者及び生活保護受給者は対象となりません。

助成の内容

保険診療による医療費の自己負担分が助成されます。

ただし、保険診療以外の医療費及び入院時食事代などは助成の対象となりません。
また、他の医療給付制度を受けられる医療費や健康保険から高額療養費・附加給付金等として支給される金額は除きます。(これらに該当する支給があった場合は、市で助成した分について返還していただきます。)

助成の対象とならないものの例

入院時の差額ベッド料金、健康診断の費用、予防接種の費用、薬の容器代、諸証明の費用など

※学校・幼稚園及び保育所でのケガなどについて
学校等の管理下(授業中・部活動・休憩時間・放課後・通学(園)中など)でのケガや病気などの場合は、一旦自己負担してから、学校等に相談してください。原則、学校等を通じて給付を受けることになります。

申請の方法

医療費助成を利用するには、申請が必要です。

※申請は、電子申請でも受付しています。
ただし、電子申請で受付できるのは、0歳の新規申請、または、1歳以上で本市で養育者の所得情報が確認できる場合の申請に限ります。

所得制限

平成26年度所得(25年中の所得)による判定から、所得制限を緩和しました。

0歳児は所得の制限はありません。
1歳児以上は養育者(父母のうち所得の高い人)の判定対象となる年の所得が限度額未満であることが必要です。

1.判定対象となる所得

  • 子どもの誕生月 1月から6月
    養育者の所得 各年齢(1から12歳)の誕生日が属する年の前々年分の所得
  • 子どもの誕生月 7月から12月
    養育者の所得 各年齢(1から12歳)の誕生日が属する年の前年分の所得

2.所得制限の限度額

  • 扶養親族等の数 0人 622万円 (※)
  • 扶養親族等の数 1人 660万円
  • 扶養親族等の数 2人 698万円
  • 扶養親族等の数 3人 736万円
    扶養親族等の数が4人以上の場合は、上記の額に扶養親族等1人につき38万円を加算した額
    (扶養親族等に老人控除対象配偶者か老人扶養親族が含まれる場合は1人につき6万円を加算)

※平成25年度以前の所得による判定については、532万円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額
(扶養親族等に老人控除対象配偶者か老人扶養親族が含まれる場合は1人につき6万円を加算)

3.所得額計算式

所得額=養育者の所得-社会・生命保険料控除(一律8万円)-諸控除
養育者の所得とは

給与所得の人は給与所得控除後の額、自営業の人は収入金額から必要経費を差し引いた額、その他の所得は条例等に定める額

諸控除

該当がある場合は、次の控除額を差し引きます。

  • 障害者控除、寡婦(夫)控除、勤労学生控除 27万円
  • 特別障害者控除 40万円
  • 寡婦控除の特例 35万円
  • 雑損控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除 相当額

(注)所得額が2.所得制限の限度額未満であれば、対象者として認定できます。

利用の方法

認定された人には医療証を交付します。
診療を受ける際、医療証を健康保険証とともに医療機関の窓口に提示してください。保険診療による医療費は自己負担なしで受診できます。

ただし、次のような場合には、医療証が使用できませんので、医療機関の窓口で健康保険の自己負担分を支払い、後日、市へ請求してください。(詳しくは「支払った医療費の請求方法」をご覧ください。)

  • 医療証交付前に受診した場合
  • 神奈川県外の医療機関で受診した場合
  • 神奈川県外・全国の国保組合(全国建設工事業国保組合、全国土木建築国保組合を除く。)に加入している場合

医療証の更新と再申請

医療証は一年齢ごとに更新をします。次の年齢になるたびに、所得で資格審査を行います。

更新の結果、引き続き認定された人には誕生月の月末(1日生まれは前月末)に、医療証を送付します。
ただし、市が所得確認できない場合は、更新に必要な書類の提出について通知をしますのでご提出ください。

所得超過等の理由により、現年齢の医療証をお持ちでない方が、次の年齢の資格審査を希望する場合は再申請が必要ですので、次の誕生月の1か月前頃に申請をしてください。

助成の期間

  • 年齢 0歳
    始まり 出生日
    終わり 1歳の誕生月の末日(1日生まれは1歳の誕生日の前日)
  • 年齢 1~11歳
    始まり 各年齢の誕生月の翌月1日(1日生まれは各年齢の誕生日)
    終わり 翌年の誕生月の末日(1日生まれは翌年の誕生日の前日)
  • 年齢 12歳(※)
    始まり 12歳の誕生月の翌月1日(1日生まれは12歳の誕生日)
    終わり 12歳に達する日以後の最初の3月31日

※12歳の誕生日が3月2日から4月1日までの人を除く。

必要な届出

次の場合は、すみやかに届出をしてください。

  • 健康保険証が変わったとき(相模原市国民健康保険への変更の場合は不要)
  • 氏名が変わったとき
  • 相模原市内で住所が変わったとき
  • 医療証を紛失、破損して再交付を受けたいとき

次の場合は、医療証が使えませんので、すみやかに医療証をお返しください

  • 医療証の期限が切れたとき
  • 他の市町村へ転出するとき
  • 健康保険の資格を喪失したとき
  • 生活保護を受けたとき
  • 重度障害者・ひとり親家庭等医療費助成制度に該当したとき

支払った医療費の請求方法

保険診療による医療費の自己負担分を支払った場合には、請求手続きをしてください。後日、振込みにて医療費を返金します。

関連情報

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

地域医療課(医療給付班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館1階
電話:042-769-8231 ファクス:042-752-1520
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る