エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療感染症感染症クローズアップ › 腸管出血性大腸菌による感染症・食中毒予防に努めましょう

ここから本文です。

腸管出血性大腸菌による感染症・食中毒予防に努めましょう

平成29年8月の感染症発生動向調査における腸管出血性大腸菌O157の感染者が、例年より多く発生しています。腸管出血性大腸菌による食中毒は、保菌者が調理中に食品を汚染する場合や汚染された食品の加熱不足等により発生します。
また、家庭内での二次感染の報告もあることから、感染症予防、食中毒予防に努めましょう。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

感染症について

疾病対策課
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはらB館4階
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

食中毒について

生活衛生課(食品衛生班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-9234 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る