エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療妊娠 › 妊婦健康診査

ここから本文です。

妊婦健康診査

平成28年1月、相模原市の妊婦健康診査費助成をリニューアルしました。

  • 助成限度額 「64,000円」から「90,000円」に
  • 助成限度回数 「14回」から「16回」に
  • 高額助成の回数 「2回」から「3回」に

詳しくは、次のPDFをご覧ください。

妊娠に気づいたら

妊婦さんと赤ちゃんのために医療機関等で定期的に妊婦健康診査を受けましょう。

妊婦健診では妊婦の健康状態やお腹の赤ちゃんの育ちぐあいなどをみるために、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。妊婦健診を受けることで、病気などに早く気づき、早く対応することができます。妊婦健診の回数は妊婦の身体状況、胎児の発育状況によって異なりますが、妊娠期間中に概ね14回あります。

妊婦健康診査費用補助券は母子健康手帳と一緒にお渡ししています。
補助券は、妊娠確定後の定期的な妊婦健診にご使用ください。妊娠しているかどうかを調べるための検査にはご使用できませんのでご注意ください。

使用期限は母子手帳交付日から出産前です。ただし、転出後はご使用できません。転出先の窓口でお問い合わせください。

転入前に母子健康手帳の交付を受け、出産前の人は、母子健康手帳と補助券の残りをご持参の上、下記窓口までお申し出ください。
転入前の使用回数を差し引いた相模原市の妊婦健康診査費用補助券をお渡しします。

交付窓口

  • 緑保健センター(緑区合同庁舎4階)
  • 中央保健センター(ウェルネスさがみはらA館4階)
  • 南保健センター(南保健福祉センター3階)
  • 城山保健福祉課(城山保健福祉センター1階)
  • 津久井保健福祉課(津久井保健センター1階)
  • 相模湖保健福祉課(相模湖総合事務所2階)
  • 藤野保健福祉課(藤野総合事務所2階)

※各区民課(土曜日開庁時のみ)、各まちづくりセンター(津久井・相模湖・藤野・橋本・本庁地域・大野南を除く)、各出張所でもお渡しできますが、なるべく保健師の常駐する保健センターまたは保健福祉課をご利用ください。妊娠、出産の不安や悩みを解消できるようお手伝いをしております。

補助券

  • 18,000円券(医療機関専用券・交付日~妊娠15週6日の使用に限定) 1枚
  • 7,000円券(医療機関専用券・妊娠16週0日~妊娠31週6日の使用に限定) 1枚
  • 8,000円券(医療機関専用券・妊娠32週0日~出産前の使用に限定) 1枚
  • 4,000円券(交付日~出産前) 8枚
  • 5,000円券(4,000円券をすべて使用した後~出産前の使用に限定) 5枚

(注)健診費用の総額から補助金額が差し引かれます。(保険診療分や、テキスト代・各種教室代・文書料等の料金につきましては、対象外となります。)

妊婦健康診査費用補助券の取り扱い医療機関について

病院・診療所

  • 相模原市内、神奈川県内(横浜市・川崎市・横須賀市は除く)は16回全て使用可能
  • 神奈川県外、横浜市、川崎市、横須賀市は受診前に使用可能かを医療機関等に確認してください。
  • 補助券の使用ができない医療機関を受診する場合は、助成制度をご利用ください。

助産所

  • 相模原市内の契約助産所は4,000円券および5,000円券のみ使用可能
    (注)医療機関専用券は医療機関で使用してください。
  • 市外助産所は補助券の使用ができません。助成制度をご利用ください。

必ず、毎回補助券を受診前に医療機関等に提出してください。提出せず受診した場合は、後日、健康企画課へ請求することはできません。
医療機関専用券(使用期限があります)は血液検査を伴う健診の時等にご使用ください。
1回の健診に付き、補助券1枚の使用です。まとめて使用することはできません。

病院等の窓口で支払いが発生する場合

健診費用総額が補助金額より高い場合

窓口で差額を支払ってください。

健診費用総額が補助金額より低い場合

補助券の使用はできません。窓口で全額支払い、後日、補助金額未満の自己負担分を健康企画課へ請求してください。

妊婦健康診査助成制度について

1 妊婦健康診査助成制度とは?

里帰り出産等の理由で、協力外医療機関等で受診した妊婦健診費用の一部を助成する制度です。医療機関等の窓口で妊婦健診費用(保険適用外)を全額支払い、後日、健康企画課に補助限度額までの自己負担分を請求してください。

2 助成を受けることができる人

受診日に相模原市に住民登録のあった妊婦または産婦で、次のいずれかの条件を満たす人

  1. 国内の協力外医療機関、または相模原市と未契約の助産所にて妊婦健康診査を保険適用外(自費)で受診した。
  2. 協力医療機関で受診したが、妊婦健康診査費用の自費分が補助金額より低く、補助券が使用できなかった。

3 申請手続きの流れ

  1. 受診
  2. 助成金交付申請
  3. 助成金決定通知
  4. 助成金交付請求
  5. 助成金交付(振込み)

申請期限は受診日から出産児の1歳の誕生日の前日まで
相模原市から転出予定のある人は転出前に余裕をもって手続きをしてください。転出後の申請につきましては下記まで電話でお問い合わせください。

4 申請に必要なもの

窓口申請・郵送申請ともに必要なもの

  1. 妊婦健康診査助成金交付申請書
  1. 母子健康手帳の「妊娠中の経過」欄のコピー(受診日の記載があるもの) 1部
  2. 未使用の妊婦健康診査費用補助券
     3枚複写になってます。3枚をセットにして提出してください。
  3. 領収書の原本とコピー1部
     原本をお手元に残さなくても良い場合はコピーは必要ありません。 
  4. 明細書の原本またはコピー1部

窓口申請の人のみ必要なもの

  1. 印鑑
  2. 振込口座番号等のわかるもの

5 申請窓口・お問い合わせ

  • 申請窓口 ウェルネスさがみはらA館4階 健康企画課
  • 郵送先
    〒252-5277 相模原市中央区中央2丁目11番15号
    相模原市保健所健康企画課「妊健助成申請」係

※郵送での申請は、窓口申請よりも還付までにお時間をいただきます。また、助成額確定後にこちらから送付する請求書に、申請書と同じ印鑑を再度押印していただきますので、使用する印をお忘れにならないようにお願いします。

お問い合わせ先 相模原市コールセンター
042-770-7777(午前8時~午後9時 年中無休)
※おかけ間違いにご注意ください

  • 妊婦健診は本来自由診療(保険診療外)です。保険が適用された場合、その自己負担分については、補助券は使用できません。
  • 住民登録を相模原市外に移された人は、その日以降、補助券は使用できません。転出先の市区町村におたずねください。
  • 使い忘れた場合や出産が予定日よりも早くなった等の理由で未使用の補助券がある場合の払い戻しや他人への譲渡はできません。
  • 補助券を紛失した場合の再発行はできません。ただし、補助券を破損した場合は、破損した補助券と引き換えに新しい補助券をお渡ししますので、健康企画課までご連絡ください。
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

健康企画課(総務・母子保健班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-8345 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る