エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療子どもの健診・教室・相談子どもの健康管理 › 先天性代謝異常等検査

ここから本文です。

先天性代謝異常等検査

先天性代謝異常の一種である先天性甲状腺機能低下症、先天性副腎過形成症、フェニルケトン尿症などを早期に発見し治療するため、生後5~8日の新生児のかかとから血液を採取し検査を行っています。
この検査は出産施設の医師、助産師などに検査申込書を提出して申し込みます。検査料は市が公費負担しますが、採血料は保護者の負担です。
また、検査申込書は、市内の人は母子健康手帳別冊内に綴じこんであります。市外の人や検査申込書が無い人、医療機関に検査申込書が置いてない場合などは、次の検査申込書をダウンロードしてお使いください。

里帰り出産時などの検査について

  • 神奈川県内で出産される場合
    相模原市にお住まいの人が県内で出産される場合は、市内で出産される場合と同様の検査を、受けていただくことができます。
    検査料は医療機関がある県または政令市が公費負担しますが、採血料は保護者の負担です。お手元の申込書はそのままお使いいただけます。
  • 神奈川県外で出産される場合
    相模原市にお住まいの人が県外で出産される場合は、検査を受けられる医療機関の住所地を管轄する都道府県または政令市へお問い合わせください。
  • 相模原市で里帰り出産をされる場合
    相模原市外にお住まいの人が市内の医療機関で出産される場合でも、相模原市民と同様の検査を、受けていただくことができます。検査料は相模原市が公費負担しますが、採血料は保護者の負担です。各医療機関に申込書が置いてあります。

タンデムマス法

タンデムマス法とは、液体クロマトグラフと質量分析計という装置を用いて測定する方法の名称です。血液中に含まれる微量の物質を検出することができます。
検査結果は、医療機関から保護者の人にお知らせします。

一部の検査項目には正常な新生児でも一過性に異常値になるものがありますので、再採血が必要になる場合があります。神奈川県内で先行実施した結果では、再採血率は0.30%でした。

先天性代謝異常等検査の対象疾患

検査を行う疾患の説明は神奈川県医師会ホームページの「先天性代謝異常等検査について」に掲載されています。内容は一般的な概要であり、病状には個人差があります。個々の検査結果、病状、治療方針については、担当医にお問い合わせください。

万一診断された場合は、病状によって小児慢性特定疾病医療費助成制度の対象となる場合があります。対象については、こちらをご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

こども家庭課(保健事業班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る