エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療ペット・動物愛護 › 猫の不妊去勢手術助成事業

ここから本文です。

猫の不妊去勢手術助成事業

猫の飼い主は、子猫が産まれて育てるのが困難となるおそれがある場合には、事前に不妊去勢手術などにより繁殖を防がなければなりません。相模原市では、飼養する猫に不妊去勢手術をする際、手術費用の一部を補助します。

  • 補助金額が予算額に達した時点で、キャンセル待ちの申請を受け付けます。今年度については、まもなく予算額に達する見込みです。申請する人は、必ず事前に生活衛生課までお電話にてお問い合わせください。
  • 平成28年度から、助成の対象が猫のみになりました。
  • 犬の不妊去勢手術に対する助成は、平成27年度をもちまして終了しました。
  • 次の補助条件と、注意事項をよくお読みいただき、ご申請ください。
  • 予算の都合上、年度の途中で受付を終了することがあります。

補助条件

  1. 申請する人は、市内に居住していること
  2. 猫は、申請する人が市内で飼養していること
  3. 営利(販売等)を目的としないこと

注意事項

次のとおり手続きしていただく必要がありますので、申請書等の記入もれや、手術及び請求の期限切れに注意してください。

  • 手術は、申請後、決定通知書が届いてから受けてください。
  • 決定通知書が届く前に手術を受けると、補助金が交付されません。
  • 予算の都合上、年度の途中で受付を締切ることがあります。
  • 猫の年齢(月齢)及び体調等による手術の可否については、申請する前に、手術を受ける動物病院にご相談ください。

指定獣医師の動物病院

  • 手術は、市が指定した獣医師(指定獣医師)の動物病院で受けてください。
  • 病院の所在地などは、次の一覧をダウンロードしていただくか、生活衛生課にお問い合わせください。
  • 手術料金などは動物病院により異なりますので、詳細につきましては各動物病院へ直接お問い合わせください。

(一覧以外に掲載を希望されなかった動物病院があります。生活衛生課まで直接お問い合わせください。)

補助金額

  • メス猫(不妊手術) 1匹につき 4,000円
  • オス猫(去勢手術) 1匹につき 2,800円

※ただし、手術費用が補助金額未満の場合は、手術費用を限度とします。

申請から請求までの手続き

ステップ1: 申請

手術を受ける前に、猫を飼養する人が、補助金交付申請書と補助金交付請求書の2枚(各1枚)を、記入例をご覧の上、必要事項を記入して、2枚同時に提出してください。

【提出先】

  • 相模原市保健所 生活衛生課(ウェルネスさがみはら4階:中央区富士見6-1-1)
  • 相模原市保健所 生活衛生課津久井班(津久井保健センター1階:緑区中野613-2)
ステップ2: 決定通知書類の到着(申請書提出から1~2週間後)

市から申請した人へ、補助金交付決定通知書等(交付決定もしくは不交付決定通知書・請求書・指定獣医師の動物病院一覧表)を郵送します。

ステップ3: 手術

補助金交付決定通知書等が届いたら、決定通知書と請求書を持って、発行日から30日以内(発行日を含む)※に指定獣医師の動物病院で猫の不妊去勢手術を受けてください。
動物病院で手術にかかった費用を全額お支払いください。

※決定通知書の発行日が3月の場合には、手術期日は発行年度の3月31日までです。

ステップ4: 請求

手術が完了した日の翌月15日※(必着)までに、請求書(「指定獣医師記入欄」の記入及び押印があること)を提出してください。
※15日が土・日曜日、祝日等の閉庁日の場合には、翌開庁日までです。

【提出先】

  • 相模原市保健所 生活衛生課(ウェルネスさがみはら4階:中央区富士見6-1-1)
  • 相模原市保健所 生活衛生課津久井班(津久井保健センター1階:緑区中野613-2)
ステップ5: 振込み(請求書提出から概ね1カ月後)

市の補助金が、申請書に記載された銀行口座に振り込まれます。

「補助金交付申請書」等の入手方法

リンク先からダウンロードできるほか、次の窓口で配布しています。

  • 相模原市保健所 生活衛生課(ウェルネスさがみはら4階:中央区富士見6-1-1)
  • 相模原市保健所 生活衛生課津久井班(津久井保健センター1階:緑区中野613-2)
  • 指定獣医師の動物病院

※まちづくりセンター等では申請書の配布・受付はしていません。

※リンク先に記入例がありますので、必ずご覧ください。

「補助金交付申請書」の記入について 注意事項

  • 記入を間違えたときの訂正方法
    訂正箇所に二重線を引き、線の上に申請者欄の印鑑と同じものを押印し、余白に正しい内容を書き直してください。
    修正テープ及び修正液等は使用できません。
  • 使用する印鑑
    「補助金交付申請書」と「補助金交付請求書」に使用する印鑑は、同じものを押印してください。
  • 使用する筆記用具
    申請書は黒のボールペン等の「消しゴム等で消すことができない方法」ではっきりと記入してください。
    消せるボールペンの使用はできません。

関連情報

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

生活衛生課(生活衛生班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-8347 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム
生活衛生課(津久井班)
住所:〒252-5172 緑区中野613-2 津久井保健センター1階
電話:042-780-1413 ファクス:042-784-1222
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る