エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療食品衛生 › 冷凍メンチカツを原因とする腸管出血性大腸菌O157の食中毒について

ここから本文です。

冷凍メンチカツを原因とする腸管出血性大腸菌O157の食中毒について

平成28年11月1日(火曜日)に神奈川県が「県内で流通している冷凍メンチカツ(※)が原因の腸管出血性大腸菌O157の食中毒が発生した」旨、報道発表を行いました。
本事案については、相模原市内で3名のO157の患者が確認されており、患者の便及び販売店から抜き取りした冷凍メンチカツの遺伝子検査を実施したところ、各々の遺伝子パターンが一致したため、11月7日(月曜日)、食中毒と判断しました。
また、同一製造所で製造された他の商品を原因とする腸管出血性大腸菌O157による食中毒の発生もあり、本事案による食中毒事例が広域に確認されています。
原因となった冷凍メンチカツは賞味期限が長いことから、ご家庭の冷凍庫に保管されていないか、再度、ご確認ください。

※冷凍メンチカツは、未加熱のメンチカツを凍結した製品で、家庭で加熱調理するもの

記者発表資料

関連リンク

市民のみなさまへ

  • 現在、冷凍メンチカツの販売店が、次の食品を回収していますので、お手元に当該商品がありましたら、食べずに、購入した販売店に連絡していただきますようお願いします。
  • 当該品を喫食し、症状を呈している場合は、医療機関を受診してください。
  • 生のひき肉を使ったメンチカツやハンバーグなどを調理する際には、十分に(中心部75℃以上、1分以上)加熱しましょう。
  • 調理後は、中心部まで十分加熱されているか、切り分けて色を見るなどして確認しましょう。
  • 未加熱の食肉調理品を触った後は、よく手を洗いましょう。
  • 生肉や未加熱の食肉調理品を扱う器具(菜箸、トング等)や食器は使い分けるか、その都度、洗浄・殺菌して使用しましょう。
    ※カツ類・フライ類等、衣が付いた製品についても同様です。

回収対象商品

  • 商品名 和牛・相模豚 メンチ肉の石川
  • 名称 そうざい半製品
  • 賞味期限 「17.2.17」、「17.2.26」及び「17.4.12」
    ※腸管出血性大腸菌O157が検出された商品は「17.2.26」です。
  • 販売者 株式会社 肉の石川 NIT
    神奈川県平塚市西真土1-3-8泰平ビル3階

回収対象商品の画像 メンチ肉の石川 賞味期限17.4.12

販売店

イトーヨーカドー各店舗(神奈川県内18店舗、千葉県内8店舗)

相模原市内販売店
  店舗名 住所 電話番号
1 古淵店 相模原市南区古淵3-13-33 042-750-3131
2 アリオ橋本店 相模原市緑区大山町1-22 042-779-8111

回収情報等

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

生活衛生課(食品衛生班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-9234 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る