エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報子育て › ひとり親家庭在宅就業支援事業

ここから本文です。

ひとり親家庭在宅就業支援事業

ひとり親家庭の親は、子育てと生計の維持を一人で担わなければならず、このことによって就業時間や勤務地などについての制約を受ける場合には、就労が難しい、収入が低いなどの状況につながっています。また、子どもの養育や教育のために無理なダブルワークをおこなっている親も少なくありません。

こうした状況を踏まえ、市内のひとり親家庭に対して、子育てと仕事の両立がしやすい在宅就業の環境整備を図るとともに、経済的な自立を支援することを目的に、ひとり親家庭在宅就業支援事業を業務委託により実施します。

事業概要

ひとり親が在宅就業を行うための、「業務の開拓」、「参加者の能力開発」、「業務処理の円滑な遂行を確保する仕組みの構築」を一体的に実施します。

業務の開拓

在宅就業を行うためのITを活用したコールセンター業務、データ入力業務、コミュニティ監視業務等の業務開拓を行います。

参加者の能力開発

在宅就業についての訓練プログラムを実施し、参加者のスキルアップを支援するとともに、訓練手当を支給します。

  • ア 基礎訓練/ビジネススキル基礎、IT基礎、IT応用訓練を実施
    (月54時間以上×4ヶ月間、手当として月額5万円を支給)
  • イ 応用訓練/月次報告会、e-ラーニング、実務訓練を実施
    (月28時間以上×10ヶ月間、手当として月額2万5千円+実務報酬を支給)

業務処理の円滑な遂行を確保する仕組みの構築

参加者への業務の配分、検収、納品、報酬支払等が円滑に行われるように、業務処理の仕組みを構築します。
また、託児スペースや24時間365日利用可能な相談窓口の提供、交流会の実施等、参加者へのフォローアップを実施します。

事業の実施期間

第1期

  • 平成23年12月9日から平成25年3月31日まで

第2期

  • 平成24年11月30日から平成26年3月31日まで

第3期

  • 平成25年11月29日から平成27年3月31日まで

対象者

第1期

  • 市内在住のひとり親家庭の父又は母 計60人
  • 第1期の参加者の募集は締め切りました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

第2期

  • 市内在住のひとり親家庭の父又は母 計80人
  • 第2期の参加者の募集は締め切りました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

第3期

  • 市内在住のひとり親家庭の父又は母 計80名
  • 第3期の参加者の募集は締め切りました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

業務委託

業務委託にあたっては、企画提案書類を総合的に評価し、最も適した事業者として株式会社パソナテックを選定しました。

第1期

第2期

第3期

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

こども青少年課(母子・手当班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-8232 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る