エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報子育てファミリーサポートセンター › サポート中の事故への対応について

ここから本文です。

サポート中の事故への対応について

サポート中の事故などに備え、補償保険に加入します。センター事務局が一括して手続きを行います。

賠償責任補償について

ファミリーサポートセンター及び援助会員が、他人に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。

  • 事由 対人・対物
  • 対象 1名・1事故ごと
  • 補償額 最高2億円

※援助会員が自宅からサポート場所までの往復途上で賠償責任補償に該当する事故については、身体・財物共通で1事故につき最高1,000万円

障害補償について(援助会員と利用会員の子どものケガ)

「急激かつ偶然な外来の事故」によって被った傷害事故を補償します。

表 障害補償について
事由 援助会員補償額 利用会員のこども補償額 備考
死亡 500万円 300万円 180日以内の死亡
後遺障害 500万~15万円 300万~9万円 180日以内の後遺障害発生
入院 3,000円/日 2,000円/日 180日以内を限度
手術 3,000円×所定倍率 2,000円×所定倍率 180日以内の手術
通院 2,000円/日 1,000円/日 180日以内で90日を限度

利用会員の子どもによる加害事故の補償について

利用会員の子どもによる加害により援助会員がケガを負ったり、所有物を壊されたりした場合は、「援助会員災害見舞金制度」で補償します。

身体障害補償
死亡 300万円
後遺障害 後遺障害の程度により300万~90万円
入院 入院期間7日以内(2万円)、8~14日(3万円)、15~29日(5万円)、30日以上(10万円)
通院 通院期間7日以内(1万円)、8~14日(2万円)、15日以上(3万円)
財物損壊補償
実損害額 3,000円以上
お見舞金支払い額 3,000円~50万円

お問い合わせ

ファミリーサポートセンター事務局
  • 住所 〒252-0236 中央区富士見6-1-20 あじさい会館2階(社会福祉協議会内)
  • 電話 042-730-3885
  • ファクス 042-759-4382
  • Eメール famisapo@sagamiharashishakyo.or.jp

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

こども家庭課(家庭福祉班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-9811 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る