エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報子育て子育てに関する情報 › インターネット等で販売される母乳に関する注意喚起

ここから本文です。

インターネット等で販売される母乳に関する注意喚起

今般、母乳をインターネット上で売買している実態があるとの報道がありました。
母乳には、感染性のあるウイルスが含まれているリスクや搾乳方法や保管方法によっては、細菌やアレルギーを誘発するおそれのある物質の混入などの衛生上の問題が発生するリスクがあります。

市民の皆様へ

既往歴や搾乳・保管方法等の衛生管理の状況が不明な第三者の母乳では、安全性の確認は困難であり、感染症のリスクや衛生上のリスクがあることについて、十分に認識しましょう。
母乳がでないことについて、1人で悩まず、地域の医師や保健師等に相談しましょう。

母乳を通じて感染する可能性がある病原体の例

  • HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
  • HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)

参考ホームページ

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

こども家庭課(保健事業班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る