エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報後期高齢者医療 › 後期高齢者医療制度における保険料について

ここから本文です。

後期高齢者医療制度における保険料について

後期高齢者医療制度に加入することで、それまで加入していた国民健康保険や社会保険などの健康保険の保険税(料)に代わって、後期高齢者医療保険料を納めることになります。加入した月から保険料の負担が発生します。それまで加入していた保険の保険税(料)は後期高齢者医療制度加入の前月の分まで加入していた保険へお支払いください。

なお、保険料は被保険者一人ひとりに賦課されます。
県内での保険料率は均一です。保険料率は、2年に一度、その後の2年間の医療費などの費用や収入を見込み、財政均衡を保つように神奈川県後期高齢者医療広域連合が決定します。

後期高齢者医療制度における「保険料の決め方」、「保険料の軽減」、「保険料の納め方」、「保険料額の例」については、次のリンク先をご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

地域医療課(医療給付班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館1階
電話:042-769-8231 ファクス:042-752-1520
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る