エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会 › 学校給食の概要

ここから本文です。

学校給食の概要

相模原市では、すべての市立小中学校109校で学校給食を実施しています。主な特徴は、次のとおりです。

  • 単独調理場のある小学校すべてに、栄養教諭または学校栄養職員を配置しています。
  • 相模原市独自の基準献立をもとに、単独調理場等でそれぞれの献立を作成しています。
  • 地場農産物を取り入れた献立による継続的な食育を推進しています。
  • 手作りや手切りなど丁寧に調理することにより美味しい給食を提供しています。
  • 中学校は、旧相模原市及び相模湖・藤野地区において、平成22年度から2か年をかけてデリバリー方式にて完全給食を開始しました。(城山・津久井地区については、合併前から共同調理場方式により完全給食を実施しています。)

※単独調理場 …学校用地内にある給食室
※基準献立 …年間献立計画をもとに栄養士により作成された献立
※完全給食 …主食、牛乳、おかずで構成される給食

給食の実施方法(平成29年4月1日現在)
区分 単独調理場方式 共同調理場
方式
親子方式の子の学校 デリバリー方式 合計
小学校 54 17 1 - 72
中学校 - 7 - 30 37

※単独調理場方式 …学校用地内にある給食室で調理する方式
※共同調理場方式 …学校給食センターで調理された給食を対象校へ配送する方式
※親子方式 …単独調理場で調理された給食を親子方式の子の学校へ配送する方式
※デリバリー方式 …民間調理場で調理された給食を対象校へ配送する方式

学校給食センター(平成29年4月1日現在)
名称 上溝学校給食センター 城山学校給食センター 津久井学校給食センター
所在地 中央区上溝1880-8 緑区川尻1673-1 緑区根小屋1457
敷地 4,995平方メートル 3661.32平方メートル 2359.09平方メートル
建物 1,701.96平方メートル 1157.90平方メートル 788.57平方メートル
給食開始 平成26年4月11日 平成8年4月8日 昭和54年4月11日
対象校

共和小、大野台小、並木小

川尻小、湘南小、広陵小、広田小、桂北小、千木良小、内郷小、相模丘中、中沢中、(城山幼稚園) 中野小、根小屋小、串川小、鳥屋小、津久井中央小、青野原小、青根小、中野中、串川中、鳥屋中、青野原中、青根中

献立の作成方法

相模原市は、単独調理場方式、共同調理場方式、親子方式、デリバリー方式の4つの方式で給食を提供しています。それぞれに栄養教諭または学校栄養職員を配置し、相模原市独自の基準献立をもとに、それぞれ献立を作成しています。
このため、市内全体では毎日57とおりの献立により、それぞれの学校等の特色を生かし、児童・生徒に対応した献立を作成しています。

献立計画

学校給食の充実を図るため、献立の基本的な考え方をまとめた献立計画を策定しています。

給食ができるまで

小学校の給食室の1日の流れ及び調理機器等を紹介します。

給食の放射性物質の検査

市立小中学校と保育所の給食で翌日使用する食材の一部について、週1回「事前検査」を実施しています。

給食費

  • 小学校 月額4,300円
  • 中学校 月額4,900円(城山、津久井地区の7校に限る)
  • デリバリー方式の中学校給食 1食315円

相模原市の学校給食の歴史

  • 昭和31年 大野第二小学校(現在の淵野辺小)で市内初の学校給食を開始。
  • 昭和40年 当時の市内小学校全校(16校)すべてで給食実施。
  • 昭和45年 市内初の学校給食センターとして南部学校給食センターを開設。脱脂粉乳から牛乳に切り替わる。
  • 昭和51年 中学校全校でミルク給食開始。
  • 昭和52年 先割れスプーンからスプーンとフォークの併用となる。
  • 昭和53年 市内初のランチルームを開設(くぬぎ台小)。
  • 昭和60年 はしの使用開始。
  • 平成元年 小学校全校で米飯給食開始。
  • 平成7年 強化磁器食器の使用開始。
  • 平成10年 市内初のドライシステム方式の給食室を整備(田名小)。
  • 平成14年 市内初の給食調理業務の民間委託化(夢の丘小、富士見小)。
  • 平成18年 相模原市・津久井町・相模湖町合併。
  • 平成19年 相模原市・城山町・藤野町合併。
  • 平成21年 給食費を改定。小学校は月額4,000円、中学校は月額4,600円(城山、津久井地区の7校に限る)。ABS樹脂食器の使用開始。
  • 平成22年 デリバリー方式の中学校給食を南部地域15校で開始。給食費は1食300円。
  • 平成23年 デリバリー方式の中学校給食を北部地域15校で開始。これにより市内小中学校109校全校で完全給食実施校が揃った。
  • 平成26年 上溝学校給食センターを開設
  • 平成28年 給食費を改定。小学校は月額4,300円、中学校(城山津久井地区の7校)は月額4,900円、デリバリー方式の中学校(30校)は1食315円。

関連情報

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

学校保健課(給食班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館5階
電話:042-769-8283 ファクス:042-758-9036
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る