エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会史跡・文化財さがみはらの文化財一覧相模原市登録文化財 › 28.橋本の徳本念仏塔(はしもとのとくほんねんぶつとう)

ここから本文です。

28.橋本の徳本念仏塔(はしもとのとくほんねんぶつとう)

橋本の徳本念仏塔 写真

  • 種別
    市登録有形民俗文化財
  • 登録年月日
    平成16年4月1日
  • 所在
    緑区橋本5-212-7
  • 記号番号
    登-28

 徳本は、宝暦8(1758)年に紀州に生まれ、江戸時代後期に伊豆や関東の各地に念仏を広めた僧です。

 徳本が近隣を訪れた際に、各村々の念仏講中(ねんぶつこうじゅう)がその特徴ある書体で書かれた(注)名号(みょうごう)を求め、それをもとに念仏塔を建てたとされます。

 側面に「文政二己卯年」(1819年)の銘があります。主体部の高さ143センチメートル、幅69センチメートル、奥行き41センチメートルです。以前は香福寺の参道沿いにありました。

 地域の念仏講や村の生活史を知る上で貴重な資料です。

 (注)名号 六字名号ともいう。「南無阿弥陀仏」、念仏のこと。

参考文献

  • 相模原市教育委員会1978「史跡・文化財」第13集 石仏調査報告書
  • 戸松啓真ほか編 1975「徳本行者全集」全6巻 山喜房佛書林
  • 相模原市教育委員会「1993文化財記録映画 庶民のいのりー相模原の念仏講」

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化財保護課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8371 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る