エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会史跡・文化財さがみはらの文化財一覧相模原市登録文化財 › 10.照手姫伝説伝承地(てるてひめでんせつでんしょうち)

ここから本文です。

10.照手姫伝説伝承地(てるてひめでんせつでんしょうち)

照手姫伝説伝承地 写真

  • 種別
    市登録史跡
  • 登録年月日
    平成13年4月1日
  • 所在
    中央区上溝1-338-10ほか 横山丘陵緑地 姥沢地区
  • 記号番号
    登-10

 照手姫は、江戸時代に歌舞伎(かぶき)などで広く知られた(注)「小栗判官物(おぐりはんがんもの)」の主人公です。市域では横山段丘崖(だんきゅうがい)を中心に、照手姫と小栗判官にまつわる伝承が残されています。 姥沢(うばさわ)地区は照手姫誕生の伝承を現代に伝える地です。

 姥沢のほか、上溝地区では姥川源流地や日金沢(ひがんざわ)、横山台では榎(えのき)神社(照手姫をまつる)、下溝では古山地区とその周辺に照手姫と小栗判官の伝承があります。

 (注)物語は、絶世の美女照手姫と小栗判官の恋物語です。内容には何種類かあり一様ではありません。

 全国各地にこの物語にまつわる伝承地があります。

参考文献

  • 座間美都治1978「相模原民話伝説集」
  • 相模原市教育委員会1984「地名調査報告書」

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化財保護課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8371 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る