エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会史跡・文化財さがみはらの文化財一覧相模原市登録文化財 › 1.清水家旧主屋・長屋門(しみずけきゅうしゅおく ながやもん)

ここから本文です。

1.清水家旧主屋・長屋門(しみずけきゅうしゅおく ながやもん)

清水家旧主屋・長屋門 写真

  • 種別
    市登録有形文化財(建造物)
  • 登録年月日
    平成13年4月1日
  • 所在
    中央区上溝738
  • 記号番号
    登-1

 旧主屋・長屋門ともに19世紀中頃の建築と推定されています。主屋は上層農家に特有の6間取(むまどり)と呼ばれる大型のものです。外観からはうかがえませんが、前面に二階を設け、また、屋根は土間側をいわゆる兜造(かぶとづくり)としています。広間にも三つの大きな炉が切られています。これらは養蚕の便宜(べんぎ)を図って計画されたもので、当地における養蚕の歴史をみる上でも貴重な存在です。

 長屋門は桁行(けたゆき)65尺(19.69メートル)の長大なもので、堂々たる母屋にふさわしいものです。

 なお、兜造は県北にしかみられないもので、当家はその南限と思われます。

 (注)外からの見学はできますが、屋敷内に立ち入ることはできません。 20分の1の模型が市立博物館に展示されています。

参考文献

  • 相模原市教育委員会1986「相模原の民家」

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化財保護課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8371 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る