エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会史跡・文化財さがみはらの文化財一覧相模原市登録文化財 › 3.清兵衛新田開墾記念碑(せいべえしんでんかいこんきねんひ)

ここから本文です。

3.清兵衛新田開墾記念碑(せいべえしんでんかいこんきねんひ)

清兵衛新田開墾記念碑 写真

  • 種別
    市登録有形文化財(歴史資料)
  • 登録年月日
    平成13年4月1日
  • 所在
    中央区清新4-1-5 氷川神社
  • 記号番号
    登-3

 

明治45(1912)年に清兵衛新田の有志によって建設されたもので、郷土の歴史を知る上で貴重な記念碑です。

 

表面題字は徳川幕府最後の将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の書で、裏面には前田夏繁撰文(せんぶん)による入植者の偉業が記されています。碑の高さは4.5メートルです。

 

慶喜が書した経緯は、不明ですが、新田開発主の原家に碑文字を軸にしたものが保管されていたといわれます。

参考文献

  • 相模原市1967「相模原市史」 第二巻
  • 相澤栄久1972「相澤菊太郎 相澤日記大正遍」

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化財保護課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8371 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る