エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会史跡・文化財さがみはらの文化財一覧相模原市登録文化財 › 9.橋本の棒杭(大山道道標)(はしもとのぼうぐい(おおやまみちどうひょう))

ここから本文です。

9.橋本の棒杭(大山道道標)(はしもとのぼうぐい(おおやまみちどうひょう))

橋本の棒杭(大山道道標) 写真

  • 種別
    市登録史跡
  • 登録年月日
    平成13年4月1日
  • 所在
    緑区橋本1-378-7の一部
  • 記号番号
    登-9

 大山道の追分(おいわけ)に立てられたものですが、区画整理により旧道を失いながらも、地域の人々によって守られてきた貴重な遺跡です。

 道標の高さは151センチメートル、幅35センチメートルで、安政2(1855)年に建てられました。正面に「右大山みち」、右側に「北八王子道」、左側に「南あつぎ道」とあります。

 この標石から、この地域は「ボウグイ」と呼ばれ小字としても親しまれていました。

参考文献

  • 相模原市教育委員会1984「地名調査報告書」
  • 加藤重夫1985「橋本の昔話」

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化財保護課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8371 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る