エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ教育委員会学校教育について › 連携教育について

ここから本文です。

連携教育について

幼・保・小連携について

子どもたちの成長は、家庭から幼稚園・保育園、小学校へと続いていきます。それぞれ校種間の違いはありますが、子どもたちの健やかな成長を願う気持ちは全ての教職員の願いです。子どもたちの健やかな成長のために、学びや発達が円滑に接続していくよう、幼稚園・保育園と小学校の連携が必要です。そこで、本市のめざす幼保小の連携の姿をリーフレットにまとめました。ぜひご覧ください。

小・中連権教育について

小学校と中学校の教職員が連携し、義務教育9年間にわたる学校生活や学びの連続性を大切にした学校づくりをめざすとともに、相互の学校が家庭や地域と連携・協力することにより、児童生徒の豊かな人間性や社会性を育み、今日的な教育課題を解決することを目的としています。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

※このページに関する内容は、教育指導班にお問い合わせをお願いします。

学校教育課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館5階
電話:042-704-8916(人権・児童生徒指導班)
電話:042-704-8917(教育支援班)
電話:042-704-8918(企画班)
電話:042-769-8284(教育指導班)
ファクス:042-758-9036
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る