ここから本文です。

メンタルヘルス・ファーストエイドとは

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1012521

メンタルヘルス・ファーストエイド(Mental Health First Aid)は、メンタルヘルス(心の健康)問題を抱える人に対して、専門家による支援の前に提供する支援のことです。メンタルヘルス・ファーストエイドの目的は以下のようなことです。

  • 自傷・他害の恐れのある人の生命を守ること
  • メンタルヘルスの問題がさらに悪化するのを防ぐ支援をすること
  • 健全なメンタルヘルスの回復を促進すること
  • 精神疾患を患う人が安心できるようにすること

※「専門家に相談する前のメンタルヘルス・ファーストエイド」(創元社)より抜粋

こころの不調(精神的危機状態)の最中にある人は、自分に支援や医療が必要なことが理解できない場合もあります。そのため、周りの人が気づいて支援することが必要です。メンタルヘルス・ファーストエイドは治療者になるために学ぶのではなく、心の健康にかかわる症状をどのように認識し、初期支援をどのように提供し、適切な専門家支援へどのように導くかを学ぶためのものです。あなたが、あらかじめファーストエイドを学ぶことで、大切な人がこころの不調に陥った時に具体的な「支援行動」を起こせます。

ここでは、「うつ・自殺の危機にある人」に対するファーストエイドをご紹介しますが、他にも「不安障害」「精神病性障害(統合失調症など)」「物質関連障害(アルコール・薬物)」「自傷行為」のファーストエイドがあります。もっと詳しく知りたい人は、「専門家に相談する前のメンタルヘルス・ファーストエイド~こころの応急マニュアル~」(創元社)をご覧ください。

参考・引用図書

  • B・キッチナー、A・ジョーム著メンタルヘルス・ファーストエイド・ジャパン編訳
    「専門家に相談する前のメンタルヘルス・ファーストエイド~こころの応急マニュアル~」創元社
  • ゲートキーパー養成研修用テキスト 内閣府(下記の「ゲートキーパー養成研修用テキスト」をご覧ください。)
  • 誰でもゲートキーパー手帳 内閣府(下記の「ゲートキーパー養成研修用テキスト」をご覧ください。)

このページに関するお問い合わせ

精神保健福祉センター
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら7階
電話:042-769-9818 ファクス:042-768-0260
精神保健福祉センターへのメールでのお問い合わせ専用フォーム