エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報まちづくり土地・開発・建築・都市景観 › 中間検査対象建築物が拡大します(平成28年6月から)

ここから本文です。

中間検査対象建築物が拡大します(平成28年6月から)

建築基準法の一部改正により、同法第12条に基づく定期報告制度が変わることを受けて、中間検査対象建築物を拡大します。(平成28年6月1日から)

改正の概要について

現在の中間検査対象建築物は、次のいずれかに該当する建築物です。

  1. 建築基準法第7条の3第1項第1号
    階数が3以上である共同住宅の床及びはりに鉄筋を配置する工事を有する建築物
  2. 建築基準法第7条の3第1項第2号
    平成21年4月1日告示第125号「建築基準法に基づく中間検査に係る特定工程及び特定工程後の工程の指定について」で指定する50平方メートルを超える新築の住宅等及び、不特定多数の者が利用する大規模な建築物(建築基準法による定期報告対象建築物に限る)

このうちの「2.建築基準法第7条の3第1項第2号」について、建築基準法の一部改正により、平成28年6月1日付で定期報告対象建築物が拡大されること等を受けて、中間検査対象建築物を拡大します。

中間検査対象建築物について(平成28年6月1日から)

次の資料をご覧ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

建築審査課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8255 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る