エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報まちづくり土地・開発・建築・都市景観 › 相模原市開発事業基準条例の一部を改正する条例について(平成29年4月1日一部施行、同年7月1全部施行)

ここから本文です。

相模原市開発事業基準条例の一部を改正する条例について(平成29年4月1日一部施行、同年7月1全部施行)

市民、開発者及び市が協働し、住みよい市街地の形成の実現に資することを目的として平成18年に施行した相模原市開発事業基準条例について、津久井地域(津久井・相模湖・藤野地区)への条例の適用、都市計画法に基づく許可基準(委任規定)の明確化、実態に即した公共施設等の整備基準の追加等をするため、相模原市開発事業基準条例の一部を改正しました。(平成28年12月22日公布、平成29年4月1日一部施行、同年7月1日全部施行)

改正の内容

  • 編入前の津久井町、相模湖町及び藤野町の区域における合併に伴う経過措置の削除並びに敷地面積の最低限度等に係る規定の追加
  • 都市計画法に基づく開発許可の基準の技術的細目等に係る規定の改正
  • 一の開発事業とみなす基準に係る規定の追加
  • 公共施設等の整備基準に係る規定の改正
  • その他所要の改正

施行期日等

  • 施行期日
    平成29年4月1日。ただし、都市計画法に基づく開発許可の基準の技術的細目等に係る規定の改正並びに公共施設等の整備基準に係る規定の改正のうち、公園、自主管理広場等の適正な配置及び確保するための見直し等の基準は、同年7月1日。
  • 経過措置
    新条例の施行日(平成29年4月1日)前に旧条例の規定による手続が行われている開発事業は、なお従前の例による。(ただし、同日から6カ月以内に協議締結がなされるものに限る。)
    新条例の施行日(平成29年7月1日)前に新条例の規定による手続が行われている開発事業は、同日前の新条例の規定を適用する。(ただし、同日から6カ月以内に協議締結がなされるものに限る。)
    新条例の施行日(平成29年4月1日)前にした行為及びなお従前の例によることとされる開発事業に対する罰則の適用は、なお従前の例による。

関係資料(改正の概要等)

(参考資料)

(平成29年4月1日施行)

(平成29年7月1日施行)

条例の施行規則

相模原市開発事業基準条例の改正に併せて、相模原市開発事業基準条例施行規則を改正(平成29年4月1日一部施行、同年7月1日全部施行)しました。

(平成29年4月1日一部施行、同年7月1日全部施行)

「開発行為等の一体性の判断の取扱い」(相模原市開発許可等審査基準)

相模原市開発許可等審査基準における開発行為等の一連性の判断基準及び開発行為等の一連性の判断の「周知報告書」の取扱い(以下「判断基準」という。)の規定について、相模原市開発事業基準条例の改正により、これらの規定を条例化(一の開発事業としてみなす場合等)したことから、当該判断基準を平成29年4月1日に改正しました。
なお、改正後の判断基準は、「開発行為等の一体性の判断の取扱い」としていますので、以下の資料(お知らせ)をご参照ください。
また、周知報告書等の様式を変更しましたので、周知報告書の提出にあたっては、以下の様式をご使用ください。

(参考資料)

(周知報告書等の様式)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

開発調整課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8250 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る