エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ › 市長のページ

ここから本文です。

市長のページ

ようこそ市長のページへ

市長

皆様、こんにちは。

昭和29年11月20日、人口8万人でスタートした相模原市は、人口急増や基地問題など、幾多の課題を先人の英知とたゆまぬ努力によって乗り越え、着実な発展を続けております。

現在、わが国の経済情勢は、企業収益や雇用情勢の改善など、景気の緩やかな回復基調が続いているものの、海外景気の下振れによる影響が懸念されるなど、依然として先行きが不透明な状況が続いております。
また、急速な人口減少、少子高齢化の進行が見込まれており、年金、医療、介護をはじめとする持続可能な社会保障制度の確立や、地域の活性化と人口減少抑制を目指す地方創生は、喫緊の課題となっております。

こうした中、地方自治体においては、時代の潮流を踏まえた施策を着実に進め、地域が持つ資源や潜在力を最大限に生かすとともに、市民一人ひとりが力を発揮できる社会を築くことによって、日本全体に活力をもたらしていくことが大切であると考えております。

今年度、本市は、「人にやさしく、活力あふれる地域社会の創造」、「将来を見据えた都市経営」、「信頼と連携を深める市政運営」を市政運営に当たっての重要な視点とし、「市民が安全で安心して、心豊かに暮らせるまちづくり」、「将来を担う世代の健やかな成長と豊かな心を育む環境づくり」、「にぎわいと活力に満ち、魅力あふれる都市づくり」、「環境を守り、自然と共生する社会づくり」、「地域の個性が光り、市民が誇りに感じるふるさとづくり」の5つを重点施策の柱に据えて、医療、福祉、子育て支援の充実をはじめ、防災・減災対策、きめ細かい教育環境の整備、企業支援や雇用の創出など、幅広い分野において、市民サービスの一層の向上を図ってまいります。

また、本市では、リニア中央新幹線駅が設置される橋本駅周辺と、相模総合補給廠一部返還地等の早期利用や小田急多摩線の延伸に取り組む相模原駅周辺を一体としたまちづくり、圏央道のインターチェンジ周辺における産業を中心とした新たな拠点づくりなど、全国でも有数の大規模プロジェクトが進行しているところでございます。
こうした本市が持つポテンシャルを最大限に生かし、首都圏南西部における広域交流拠点都市の更なる形成を図ることにより、「人や企業に選ばれる都市づくり」を着実に進め、本市の活力を周辺地域や日本全体に向けて、届けてまいりたいと考えております。

ともに拓く新しい未来が、すべての市民の皆様の笑顔があふれる、潤いのあるまちにつながることを信じ、これからも全力を傾け、市政運営に邁進してまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

相模原市長 加山俊夫

トピックス

施政方針演説(3月定例会開会あいさつ)

フォトレポート

水泳飛板飛込・坂井選手からリオデジャネイロオリンピック出場報告

坂井選手の報告の写真

本市南区の出身で水泳競技・飛板飛込の坂井丞選手から、8月に開幕するリオデジャネイロオリンピックへの出場報告をいただきました。
坂井選手は、中学2年生のときにジュニアの世界大会に出場して以来、高校・大学・社会人と世界レベルの大会で、幾度となく表彰台に上がってこられた、本市が誇るトップアスリートです。
今でもさがみはらグリーンプールを練習拠点とされているとのことであり、今回、念願のオリンピックに初出場されることが決まったときは、感慨ひとしおのものがありました。
小さいころからめざしてこられた夢の大舞台で存分にご活躍され、72万市民に感動を届けていただけることを期待しています。
頑張れ、坂井選手!


メニュー

出演番組

ラジオ

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

秘書課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館2階
電話:042-754-1111(代表)
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る