エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報リサイクルとごみ家庭ごみ(一般ごみ、資源及び容器包装プラ、粗大ごみ、その他) › 生ごみの4Rに取り組むグループ等への助成

ここから本文です。

生ごみの4Rに取り組むグループ等への助成

生ごみ4R推進活動補助金(旧有機性資源活用事業補助金)

家庭の生ごみの4R(発生抑制、排出抑制、再使用、再生利用)に6カ月以上取り組む、市内在住の5世帯以上のグループ・団体に助成します。(3年度まで)
グループ・団体で取り組むことにより、互いに相談しながら活動でき、物資も共同購入できるなど、事業や活動を継続していく上でのメリットがあります。

補助対象者

市内在住の5世帯以上のグループ・団体

補助金額

活動費の2分の1(上限5万円)

補助対象となる経費

家庭の生ごみの4R活動に必要な経費を対象とします。ただし、人件費的経費、他の助成制度の適用がある経費(例:生ごみ処理容器購入助成制度)などは対象外です。

対象となる経費の例

  • 堆肥化の器具等、計量機、温度計、プランター、基材(腐葉土、米ぬか、くん炭等)など
  • 菜園等利用料(市民農園などを自ら借りて堆肥の活用を行う場合)
  • 種苗費
  • 研修費用(講師謝礼、会場費、講習会等参加費など)
  • 消耗品(紙類、活動記録用の写真現像費等)
  • その他活動に必要と認められる経費

補助金の申請等手続き

堆肥化した生成物は、原則として自家使用(自分の家又はグループ・団体内で使うこと。)していただくことなど注意事項がありますので、事業や活動の内容についてあらかじめご相談ください。補助要件を満たす場合、申請手続き等の説明も行います。

生ごみ4R市民アドバイザー派遣制度

レモンちゃんのイラスト
(C)WebCreatorsFairytale/相模原市

生ごみの4Rに取り組むグループ又は団体が、実践経験を持つ市民アドバイザーに講師を依頼できる制度です。

制度対象者
  • 生ごみ4R推進活動補助金被交付団体
  • 市内在住の10名以上もしくは5世帯以上の市民
依頼費用

無料(ただし、施設を利用する際の費用等は各自で御負担ください)

申込期限

原則として1カ月前まで

申込方法

資源循環推進課に電話連絡の上、申込書を提出

生ごみ4R市民アドバイザー募集中

生ごみ4R市民アドバイザーは、派遣依頼に基づき講師を行うほか、市が開催する講習会(平成27年度はダンボールコンポスト講習会を担当)においても講師として活躍しています。
そこで、既に生ごみの4Rに取り組まれている人におかれましては、その知識や経験を活かし、市民アドバイザーとして一緒に生ごみの4Rの普及・啓発に取り組んでみませんか?
興味のある人 は、資源循環推進課に御連絡ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

資源循環推進課(美化啓発班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館6階
電話:042-769-8334 ファクス:042-769-4445
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る