さがみはらの生き物たんけんたい!

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1012570

さがみはらの生き物たんけんたい!

相模原市(さがみはらし)は、津久井(つくい)地域(ちいき)の山や森林、相模川など、自然(しぜん)にあふれ、たくさんの生き物がすんでいます。実は、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)といって、もうほとんどみることのできない生き物もいます。
「さがみはらの生き物たんけんたい!」では、そんないろいろな生き物を「相模原市自然環境観察員(しぜんかんきょうかんさついん)」の人たちの報告(ほうこく)をもとに、紹介(しょうかい)します。
みんなも、たくさんの生き物をさがして、「生き物発見シート」をつくってみよう!

さがみはらにすんでいる生き物

相模原市自然環境観察員ってどんな人?

相模原市立環境情報(かんきょうじょうほう)センターを中心にツバメ、セミ、タンポポなど、相模原市内の身近な生き物の調査(ちょうさ)活動をしています。
相模原の自然環境の大切さを学んだり伝(つた)えたりすること、まちづくりに役立つ資料(しりょう)を集めることを目的(もくてき)に活動しています。
相模原市自然環境観察員の活動は中学生以上(いじょう)で相模原市に住んでいる、働(はたら)いている、学校に通っている人ならだれでも参加(さんか)できます。
楽しい自然観察会などもあるので、初(はじ)めての人からベテランの人もふくめて毎年100人くらいの人が活動に参加しています。

相模原市自然環境観察員についてくわしく知りたい場合は相模原市立環境情報センターまで。

相模原市自然環境観察員の人たちが植木を覗いている様子

相模原市自然環境観察員の人たちが橋から空をみている様子

かんれんページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページについて、いけんをきかせてね

しつもん:学年をおしえてください。
しつもん:このページで学習できましたか?
しつもん:このページはおもしろかったですか?