「おもちゃの病院さがみはら」ってどんなところ?

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1012638

おもちゃのイラスト

ボランティアの「おもちゃドクター」がこわれたおもちゃの修理(しゅうり)をしてくれます。おもちゃの病院は、橋本台リサイクルスクエアをはじめ、こどもセンターや公民館などで開いています。こわれて使えなくなった大切なおもちゃがあったら、おうちの人に頼(たの)んで持ってきてね。

診察(しんさつ)してくれるおもちゃ

ぜんまいやモーターで動くおもちゃ、オルゴール、ぬいぐるみなど。
(注)ラジコンやテレビゲーム機(き)などの高価(こうか)なおもちゃは診察できません。その場で直らないものは入院となり、翌月(よくげつ)の引きわたしになります。

診察点数

診察の様子

1人2点まで
費用(ひよう)はかかりません。
(部品代は有料(ゆうりょう)になります。)

日にち・時間・場所は、次のページで確認(かくにん)してね。

お問い合わせ

資源循環推進課(しげんじゅんかんすいしんか) 電話042-769-8245

かんれんページ

このページについて、いけんをきかせてね

しつもん:学年をおしえてください。
しつもん:このページで学習できましたか?
しつもん:このページはおもしろかったですか?