エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ産業・ビジネス産業情報事業者向け情報事業主向け助成制度 › 新製品・新技術の研究開発に関する助成制度(中小企業研究開発補助金)について

ここから本文です。

新製品・新技術の研究開発に関する助成制度(中小企業研究開発補助金)について

相模原市中小企業研究開発補助金制度

中小企業の技術研究開発を促進し、技術力の向上を図るため、中小企業者が自ら行う新製品、新技術等に関する研究開発に要する経費の一部を補助しています。

  • 対象:市内に事業所を有し、単独又は共同で新技術・新製品開発等の研究開発を行っている市内中小企業者
  • 補助率:研究開発に要する経費の2分の1以内
  • 補助額:年間200万円が上限。ただし、産学連携枠や行政課題対応枠による研究開発テーマについては、上限が300万円
  • 補助期間:単年度
  • 選考方法:外部専門家(学識経験者、技術専門家、税理士等)の意見を聞き、評価を行います。

行政課題対応枠とは

市民サービスの向上につながる行政の持つニーズ(「行政課題」)に対応した新技術・新製品の研究開発について、関連部署の職員による助言やフィールド提供を通じて、市場ニーズにマッチした製品開発を支援する制度です。福祉や環境分野のほか、市民が安心して暮らせるための技術開発などを想定しております。詳細につきましては説明会を通じて情報提供させていただきます。

平成28年度採択テーマの決定について

平成28年度の公募は終了し、次の5件が採択となりました。

  • プレス金型の成形不良を監視できる動的検知システムの開発
    株式会社クライムエヌシーデー
  • 化学療法(リウマチ・がん罹患者)中の方のADL向上に資する肌着の開発
    株式会社エナメディカル
  • 汎用ロボットを活用したバリ取り工程の自動化システムの開発
    オーセンテック株式会社
  • 新しい機能性を有する塗料及び建築資材に対応した高粘度スリットコーター装置の開発
    株式会社ドリーメックステクノ
  • 「μWins傷検査装置」用汎用ライン監視操作盤の開発
    ユーエスディ株式会社

過去の3か年の採択実績

平成27年度

  • 高品質で簡易接続可能な流体配管用ホース継手の開発
    株式会社リガルジョイント
  • 防犯カメラによる落書き検知システムの開発
    株式会社キャロットシステムズ
  • 大気圧プラズマ処理装置の高性能化の開発
    株式会社ケイテックリサーチ
  • 非接触バイタル感知センサー用3Gアダプタ開発
    株式会社ミオ・コーポレーション

平成26年度

  • 雨に強いまちづくりを目指した雨水利用システム
    シップスレインワールド株式会社
  • 世界唯一の技術である光カートリッジ機能改善に係る研究
    株式会社デジタルストリーム
  • 軟性素材の街区表示板の開発
    株式会社タイホー
  • モータ用アンプを使ったモータ制御プログラムのためのソフトウェアツールの開発
    コロンバス精機株式会社
  • 軽自動車サイズ軽量小型、ソーラー発電トレーラーの研究開発
    株式会社Stage21
  • 植物工場向け無線搭載で集中遠隔制御可能なLED照明装置の実用化開発
    アドバンスドメディカル株式会社

平成25年度

  • 高効率三相誘導電動機用銅ローターの試作開発
    権田金属工業株式会社
  • 厚銅基板用フィルム自動整合装置の開発
    TSS株式会社
  • 大規模災害時における無人飛行監視装置の研究開発事業
    株式会社ソーアップ
  • 金属含有率ゼロの樹脂キャリア素材開発
    相模ピーシーアイ株式会社
  • アルツハイマー型認知症スクリーニング装置の開発
    有限会社啓
  • 非接触静電容量センサースイッチの開発
    株式会社HOYEN

市以外の助成制度

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

産業政策課(企業誘致・企業支援班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-9253 ファクス:042-754-1064
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る