エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ産業・ビジネス産業情報その他産業情報統計データ › 相模原市商業実態調査の結果について

ここから本文です。

相模原市商業実態調査の結果について

市では、市内商業の現状と動向を把握し、商業振興施策の基礎資料とするため、毎年「商業実態調査」を実施しています。各年度の実態調査結果については、市立図書館で閲覧できるほか、行政資料コーナーでは閲覧及び販売を行っています。

調査種類

通行量調査

  • 平成28年度
  • 調査目的 商業地における通行量(徒歩・自転車・バイク)の把握

買物行動調査

  • 平成27年度
  • 調査目的 消費者意識・買物行動の把握

来街者調査

  • 平成26年度
  • 調査目的 街頭アンケートによる来街者の動向の把握

通行量調査

  • 平成25年度
  • 調査目的 商業地における通行量(徒歩・自転車・バイク)の把握

買物行動調査

  • 平成24年度
  • 調査目的 消費者意識・買物行動の把握

来街者調査

  • 平成23年度
  • 調査目的 街頭アンケートによる来街者の動向の把握

通行量調査

  • 平成22年度
  • 調査目的 商業地における通行量(徒歩・自転車・バイク)の把握

買物行動調査

販売分の在庫が終了したため、販売はおこなっておりません。
  • 平成21年度
  • 調査目的 消費者意識・買物行動の把握

来街者調査

  • 平成20年度
  • 調査目的 街頭アンケートによる来街者の動向の把握

国道16号ロードサイド調査

  • 平成20年度
  • 調査目的 ロードサイド店舗の現状、課題及び将来的な展望等の把握

平成28年度商業実態調査(通行量調査)の結果概要

市内商業地84地点で、中学生以上と見られる人数を、調査員が時間帯別・方向別・男女別ごとに計測した。
調査日は平成28年10月16日(日曜日)、10月31日(月曜日)の午前10時から午後8時で実施。

ポイント

  • 全84地点の通行量合計は、休日343,275人、平日334,861人で、休日が平日を8,414人上回っている。
  • 男女別比率は、休日は男性49.0パーセント、女性51.0パーセント、平日は男性43.1パーセント、女性56.9パーセントであった。
  • 通行量が最も多かった地点は、休日・平日ともに相模大野駅周辺地区であった。

平成27年度商業実態調査(買物行動調査)の結果概要

平成27年9月10日現在、相模原市内に在住する15歳から75歳までの男女3,000人を対象に郵送によるアンケート調査を行った。調査期間は平成27年10月1日から平成27年10月23日。回収数は1,511、有効回答数は1,510(50.33パーセント)

買物行動の特徴

  • 食料品や日用品など普段の買物場所は、橋本駅周辺が最も多く、次いで相模大野駅周辺、中央区その他地域、古淵地区がよく利用されている。購入するお店はスーパーマーケット、ホームセンター、コンビニエンスストアの利用が中心となっている。
  • お店を選ぶ理由、商品購入時に重視する点、共に「価格」が多いが、「品質・鮮度」を重視する回答も多い。
  • 前回調査(平成24年)と比較すると、全体として大きな変化はみられないが、商品等を購入するお店では、「ショッピングモール」、「大型専門店」、「通信販売」が増加傾向にある。また、買物頻度では、「ほとんど買わない・利用しない」が前回と比較して多くなっている。

商業地域への要望

  • 要望するサービスとしては「個性的・魅力的な商品の品揃え」が最も多い。
  • 商業地に欲しいお店としては、物販店では「鮮魚店」が最も多く、飲食・サービス店では「映画館」が最も多い。

平成26年度商業実態調査(来街者調査)の結果概要

市内6地区、市外9地区の調査地点で、高校生以上の男女に対し、調査員の聞き取りにより「滞在時間」「消費金額」「イメージ」などに関する調査を行った。調査日は、平成26年10月10日・11日・12日・15日・17日・18日・19日・20日・24日・25日・26日・27日の午前10時から午後8時。有効回答数は、6,719。

ポイント

滞在時間と消費金額は比例傾向にあり、いずれも低い数値だったのは相模原・小田急相模原・橋本・淵野辺、いずれも高い数値だったのは八王子・海老名・新百合ヶ丘・本厚木であった。 
街のイメージについては、南大沢が「活気がある」「明るい」で高評価、町田が「活気がある」で高評価であった。相模原市のイメージについては、「庶民的である」「落ち着ける」が高かった。
現在地(調査地点)以外によく行く買物場所は、市内のすべての地点において、「町田」の割合が高かった。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

商業観光課(商業振興班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-9255 ファクス:042-754-1064
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る