エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ生物多様性ポータルサイト › 生物多様性の恵み

ここから本文です。

生物多様性の恵み

わたしたちは生物多様性が生み出す恵みを受けて生きています。この恵みを「生態系サービス」といい、大きく4つに分けることができます。

いのちを支える(基盤サービス)

木のイラスト

すべての生きものにとって生命の維持に欠かせない酸素は、植物の光合成によって生み出されています。

酸素と同時につくり出された栄養素は食物連鎖や分解を通じて生態系を循環します。植物が育つために必要な豊かな土壌は枯れた植物や動物の死骸を微生物が分解することにより形成されます。植物は土壌の中の水を吸い上げて大気中に放出し、水の循環を助けます。

生きものが生きていくための基盤となる環境は、こうした自然の物質循環を基礎として成り立っており、これを「基盤サービス」といいます。「基盤サービス」はこの下で説明するほかの3つのサービスの土台となっています。

丹沢の山々の写真
丹沢の山々

たとえば

相模原市の豊かな森林は、生命の維持に欠かすことのできない酸素を生み出すなど生きものの生存基盤を支えています。

食物や資源をもたらす(供給サービス)

食べ物・薬・服のイラスト

わたしたちの衣食住や生活に欠かせないものの多くは生きものからもたらされるものです。米や野菜、果物、肉や魚などの食物、衣類の原料となる綿や麻、絹、羊毛、家の材料となる木材など例を挙げればきりがありません。

健康の維持に欠かせない薬の多くも、植物や菌類などを由来とする成分から作られています。

これを「供給サービス」といいます。

たとえば

相模原市の各地では農作物が作られ、ゆずや津久井在来大豆などの特産品があります。西部の豊かな森林からは「津久井産材」と呼ばれる木材が産出され、建築材として使われています。

田名地区望地河原の水田の写真
田名地区望地河原の水田

文化を育む(文化的サービス)

七草とハイキングのイラスト

生物多様性は生存基盤や資源の提供だけでなく、文化の形成やレクリエーションの機会の提供にも深く関わっています。

それぞれの地域に伝わる伝統文化や郷土芸能は、その地域の自然の景観や気候を背景として人々が生み出し伝えてきたものです。

山や川があることで登山やキャンプなどの自然に触れるレクリエーションができ、多様な生きものがいることで生きもの観察などの学習ができます。

こうした文化やレクリエーションはわたしたちに精神的な充足をもたらしています。これを「文化的サービス」といいます。

たとえば

市内の特産品を利用した農産加工品、田名八幡宮の的祭や藤野村歌舞伎伝統行事など市内の各地域で行われている伝統行事も自然と人との結びつきの中で生まれたものです。

こどもが大きな的に矢を射る様子
田名八幡宮の的祭

くらしを守る(調整サービス)

山のイラスト

植物は土に根を張り、土が雨に流されるのを防ぎます。大雨が降っても土砂災害が起きにくくなり、雨水が土の中に蓄えられることで河川に流れ込む水の量が調整され、洪水や渇水が防止されます。

地中の微生物や河川の流れは水をきれいにし、市街地の樹木や植物は大気汚染や騒音を防ぎます。

災害の防止や気候の調節などわたしたちのくらしを守るこれらを「調整サービス」といいます。

たとえば

相模原市の森林は保水機能により水を安定的に供給し、市街地の緑地や樹木はヒートアイランド現象を緩和するなど、わたしたちのくらしの安全を支えています。

市役所前に咲いている桜並木の写真
市役所前の桜並木

このページに記載されている情報の担当課

水みどり環境課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-8242 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る