エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ申請書ダウンロード清掃・ごみ › 溶融スラグ有効利用関係

ここから本文です。

溶融スラグ有効利用関係

南清掃工場では、生産する溶融スラグ※1についてJIS認証(JIS A5032)を取得し、市が発注する公共工事等に有効利用しています。
溶融スラグが有効利用されることで、マテリアルリサイクルの推進と最終処分場の延命化につながります。
溶融スラグの有効利用の手続きにかかる書類は以下のとおりです。

※1 溶融スラグは、市内で発生した一般廃棄物と北清掃工場の焼却灰をおおむね1,200度以上の高温で溶融した後、冷却固化して得られるガラス質の固化物です。溶融スラグの品質は、JIS規格で定められた土壌環境基準に基づく溶出量基準及び土壌汚染対策法に基づく含有量基準等に適合するものです。

溶融スラグの利用手続き

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

南清掃工場
住所:〒252-0328 南区麻溝台1524-1
電話:042-748-1133 ファクス:042-744-9702
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る