建築審査課 A技師

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1014735

職員の仕事と一日のイメージ(建築職)

入庁前の経歴

  • 前職なし
  • 学生時代は、建築構造を専攻
  • 平成27年入庁

ある一日のスケジュール

8時30分 始業 メールの確認、現場検査準備 9時~11時 現場検査(完成した建築物の完了検査) 11時~正午 資料処理(現場検査結果資料の作成) 正午~午後1時 昼休み 1時~2時 窓口・電話対応(設計者や不動産業者からの問い合わせ対応) 2時~4時 図面審査(建築確認申請の図面審査) 4時~5時30分 図面訂正対応(審査図面についての訂正を業者へ指導) 5時30分 事務処理 6時 終業

Q.現所属での担当業務や主な役割

  • 建築物を建てる際に建築計画が建築基準法に適合しているかの図書審査や完成した建築物の現場検査業務
  • 建築物を建てるために必要条件となる道路の指定業務
  • 建築関係業者に対する窓口や電話における相談対応

Q.仕事のやりがい

建築物の建築に際して、図面の審査や完了後の検査といった職務は、市内に建てられる建築物が法律に適合しているかを確認する作業であり、責任を感じると同時に重要な役割であると自覚し、やりがいも感じています。

Q.建築職として、学生時代の知識を活かせていると感じること

現在の職場では建築基準法を主として使用する部署であるため、建築基準法に関する知識が求められます。学生時代の講義で得られた知識を基礎に職務では新たに実用的な知識を積み重ねていくので、建築基準法の基礎が身についた学生時代の講義は大いに役立っていると実感しています。

Q.相模原市の建築職を目指す方に一言

建築物の図面審査や現場検査を行う部署もあれば、現場監理や都市計画といった様々な職務を経験することがある職域ですので、職場環境に柔軟に対応できるような心構えがあるとよいと思います。

道路調査中の写真
道路調査の様子
図面審査中の写真
図面審査の様子

事業や工事の実例

  • 建築基準法に基づく建築物完了検査
    担当課:建築審査課

1.実際に検査を行った物件の概要

まちづくりセンターその他複合施設
平成30年3月に完了検査
階数:2
構造:鉄筋コンクリート造

2.担当者から

建築物の構造が鉄筋コンクリート造の2階建てであったため、構造上特殊なものであり、小規模な建築物と比較すると現場での検査項目が多い物件でした。建築物の間取りをはじめ、材料の仕様、区画の処理、配置や高さの寸法といったところを一つ一つ法令の基準に適合しているかを確認することになるので、細かいところまで見落とすことの無いように集中して検査を行いました。
完了検査のやりがいとしては、完成したばかりの建築物を利用者より先に見ることができ、本来の利用部分とは異なる裏側まで隅々まで見ることができるところで、建築物を見ることが好きな人にとって有意義かつ貴重な経験になると思います。

完了検査の様子
完了検査の様子1
完了検査の様子
完了検査の様子2

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに関するお問い合わせ」の担当課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

人事委員会事務局(任用班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-6-23 けやき会館4階
電話:042-769-8320 ファクス:042-769-6705
人事委員会事務局(任用担当)へのメールでのお問い合わせ専用フォーム