エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報市政への参加・連携市民協働 › 街美化アダプト制度

ここから本文です。

街美化アダプト制度

クリーンアップさがみはら 街美化アダプト制度

アダプトのマーク

アダプトとは英語で「養子縁組をする」という意味で、道路や公園など市が所管する公共施設の美化活動を、市民が「わが子のように大切に思い」自発的に行い、市がその活動を支援する「協働によるまちづくり」の制度です。

アダプト実施所管課

市民協働推進課、こども施設課、水みどり環境課、公園課、津久井地域環境課、資源循環推進課、下水道施設課、河川整備課、緑土木事務所、津久井土木事務所、中央土木事務所、南土木事務所、職員厚生課

麻布大学の学生の皆さんが実施した街美化アダプト活動(通称:アザプト)の報告

平成17年10月~平成20年10月の3年間、麻布大学の学生の皆さんが、日頃、通学で利用しているJR矢部駅から大学までの歩道(延べ475メートル)を隔週で清掃するアダプト活動に加えて、同大学の研究対象として、ごみの量や種類など排出状況の調査を実施しました。

街美化アダプト活動の実施状況に関するアンケート調査を実施しました

アダプト活動に参加いただいている団体の皆様の活動実態や感じている課題等を調査するため、街美化アダプト活動の実施状況に関するアンケート調査を実施いたしました。ご協力ありがとうございました。

平成26年

平成18年

街美化アダプト制度研修会を開催しました

平成18年3月11日(土曜日)に橋本公民館で街美化アダプト制度研修会を開催いたしました。
当日は社団法人食品容器環境美化協会の審議役谷津直生さんのアダプト制度の仕組みや全国的な導入状況などに関する講演のほか、実際にアダプト活動を行っている橋本南口商店街協同組合と相模原けやきライオンズクラブの活動状況の発表がありました。
2つの団体とも単なる奉仕活動としてアダプト活動を行っているのではなく、生きがいを感じ、楽しみながら活動を行っているとのことでした。

谷津さんの基調講演

事例発表(橋本南口商店街共同組合)

事例発表(相模原けやきライオンズクラブ)

アダプトの取り組みの様子1

アダプトの取り組みの様子2

アダプトの取り組みの様子3

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

市民協働推進課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-9225 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る