エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ施設マップ公園・観光・交通施設公園・緑地 › 道保川公園(風致公園)

ここから本文です。

道保川公園(風致公園)

道保川公園 写真

道保川公園は、道保川の水源と横山丘陵の自然を都市緑地として保全しながら、水と緑が一体となった自然とのふれあいの場として活用するために、風致公園として整備しているものです。現在、公園計画面積8.8ヘクタールのうち7.7ヘクタールを開放し、身近に野鳥や植物の観察を体験しながら自然への認識を深め、生きた環境学習、野外教育の場としてご利用いただいています。

道保川公園(風致公園)の基本情報
所在地 〒252-0243 中央区上溝1359
電話番号 042-776-6484
開館(所・園)時間 3月 午前8時から午後5時まで
4月から6月と8月 午前7時から午後6時まで
7月 午前7時から午後7時まで
9月 午前8時から午後6時まで
10月 午前8時から午後5時まで
11月から2月まで 午前8時から午後4時まで
休館(所・園)日 年中無休
交通 JR相模原駅からバス、「光が丘3丁目」下車徒歩10分またはJR上溝駅からバス、「七曲り下」下車徒歩5分
JR上溝駅から徒歩20分
駐車場

第1駐車場20台
第2駐車場24台

地図

ホタル

毎年、6月になると公園の沢にホタルが見られます。ホタルの時期には開園時間を延長します。
平成28年度の開園時間延長は次のとおり実施します。

  • 延長期間 平成28年6月4日(土曜日)から19日(日曜日)まで
    開園時間 午前7時から午後9時(入場は午後8時45分)まで

お願い

  • 駐車場の収容台数に限りがあるので、公共交通機関をご利用ください。駐車場が満車の場合、入庫待ちは出来ませんのでご協力願います。
  • 強い光源は、ホタルの生態に影響があり、観賞の妨げにもなりますので、懐中電灯や携帯電話などの点灯は控えてください。

施設概要

敷地面積

  • 7.7ヘクタール

施設概要

  • 管理棟、トイレ、木橋、自然散策路、野鳥観察ゾーン(さえずりの沢)・山野草観察ゾーン(こもれびの沢)・森林生態観察ゾーン(双子沢)・水生動植物観察ゾーン(流れ、池)

道保川公園で観察できる動植物

野鳥観察ゾーン

四季を通じて沢の水場に集まるさまざまな野鳥たちを観察することができます。
沢の水に集まるウグイス、ルリビタキ、メジロ、シジュウカラ、カワセミをはじめ約40種類の野鳥が観察でき、鳥たちのさえずりを聞くことができます。

山野草観察ゾーン

沢を下るながれにそって、自生の山野草を観察することができます。
セキショウ、クレソン、セリ、アシ、ツリフネソウ、ヒロハコンロンソウ、シャガ、スミレ、フキなどの植物が観察できます。

森林生態観察ゾーン

緑深い森の中を園路にそって進めば、森の生き物たちとふれ合いながらここちよい散策ができます。
全体的に竹林、クヌギ、コナラ、シラカシ、スギ、クスノキ、クリ、ウメ、ヤマザクラなどや、イヌツゲ、ヒサカキ、ヤブツバキ、マユミなどの低木類が自生しており、夏にはセミ、クワガタ、カナブンなどが見られます。四季を通じて木々と昆虫のおりなすドラマを観察することができます。

水生動植物観察ゾーン

沢からわき出した水は、集まって小川となり水生植物が成長したり、水辺に住む生き物たちの絶好の住みかとなっています。
沢ぞいから小川ぞいの水辺ではセリ、クレソン、ガマ、アシ、キショウブ、スイレン、シャガ、セキショウなどが植栽されており、ドジョウ、サワガニ、アブラハヤ、カエル、ザリガニ、カワニナ、トンボ、チョウ類などの水辺の生き物が観察できます。
その他にも、公園内の沢ではゲンジボタル、セミなどの昆虫やツバメ、ヤマガラ、キジバト、キセキレイ、モズなどの鳥類(公園全体では約60種類)が数多く見ることができます。

お願い

道保川公園は、動物や植物の生態系を維持するため、鳥や魚などへの餌付け及びペットをつれての入園はお断りしております。

管理運営

(指定管理期間 平成26年4月1日から平成31年3月31日まで)

このページに記載されている情報の担当課

公園課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-8243 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る