エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ防災・危機管理情報 消防情報消防情報火災予防火災予防情報 › スプレー缶等の穴あけによる火災にご注意

消防情報 火災予防

ここから本文です。

スプレー缶等の穴あけによる火災にご注意

スプレー缶等(可燃性ガスを噴射剤とした消臭剤、整髪剤、制汗剤等のスプレー缶や簡易型ガスコンロの燃料に用いられるカセットボンベ)の穴あけに起因した火災、負傷者が発生しています。

スプレー缶等の中身が残ったまま穴を開けてしまうと、缶内に充填されていた可燃性ガスが穴から一気に噴き出し、近くでコンロやストーブなどの火気を使用していると、ガスに引火し火災が発生する恐れがあります。
スプレー缶等に穴を開ける場合は、必ずスプレー缶の中身を使い切っていることを確認し、風通しが良く、近くで火気を使用していない場所で行ってください。

※中身が使い切れない場合は、商品に記載されている注意表示や販売元にお問い合わせください。

相模原市内で発生した事例

事例1

調理中のガスコンロ付近で、消臭スプレー缶を廃棄するためガス抜き器で穴を開けたところ、消臭スプレー缶内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、ガスコンロの火がガスに引火し火災となりました。
なお、この火災により、行為者は顔や腕にやけどを負いました。

事例2

調理中のガスコンロ付近で、整髪スプレー缶を廃棄するためガス抜き器で穴を開けたところ、整髪スプレー缶に残っていた可燃性ガスが噴き出し、ガスコンロの火がガスに引火し火災となりました。
なお、この火災により、行為者は顔や腕にやけどを負いました。

事例3

ガスコンロで調理中、未使用の整髪スプレー缶を廃棄するためシンク内で穴を開けてガス抜きをしていたところ、ガスコンロの火が放出中のガスに引火し火災となりました。

事例4

飲食店の厨房内で、カセットボンベを廃棄するため缶切りで穴を開けたところ、カセットボンベ内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、近くで使用していたガスコンロの火がガスに引火しましたが、幸い火災には至りませんでした。

※スプレー缶等のごみの出し方はこちら

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

予防課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター4階
電話:042-751-9117(予防班)
電話:042-751-9133(消防設備班)
電話:042-751-9136(危険物班)
ファクス:042-786-2472
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

  • 119番のかけ方
  • 届出書・申請書ダウンロード
  • AEDマップ
  • 火災・救助ツイッター @sagamihara_fire
  • (公社)相模原市防災協会
  • 建物の防火安全情報表示制度
  • 違反対象物公表制度

このページのトップへ戻る