エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ防災・危機管理情報 消防情報消防情報火災予防安全・安心情報 › 〈防火対象物関係者の皆様へ〉消防用設備等・特殊消防用設備等の点検・報告制度

消防情報 火災予防

ここから本文です。

〈防火対象物関係者の皆様へ〉消防用設備等・特殊消防用設備等の点検・報告制度

消防用設備等・特殊消防用設備等は、いかなる場合に火災が発生しても確実に作動するよう、日頃の維持管理が重要です。
このため、防火対象物の関係者は、消防用設備等・特殊消防用設備等の定期的な点検を実施し、その結果を管轄する消防署へ報告することが義務付けられています。

※防火対象物の関係者とは、建物の所有者や、建物に入居するテナント代表者などをいいます。

点検の内容と期間

消防用設備等の種類に応じて、次のように定められています。

機器点検 6カ月に1回
総合点検 1年に1回

自家発電設備の負荷運転について

  • 自家発電設備の点検項目のひとつである負荷運転は、1年に1回の総合点検で実施することが必要です。
  • 負荷運転とは、実際に消防用設備等を稼動させ、又はこれと同程度の負荷をかけた状態で自家発電設備を運転し、自家発電設備に異音や油漏れ等の異常がないかを確認するものです。

点検結果の報告

  • 関係者は点検結果を、定められた期間ごとに、管轄する消防署へ報告しなければなりません。
  • 報告期間は、防火対象物の用途などに応じて定められています。
    ※点検の期間と報告の期間は異なります。
特定用途防火対象物(デパート、ホテル、病院、飲食店など)
1年に1回
非特定用途防火対象物(工場、倉庫、共同住宅、学校など)
3年に1回

点検報告義務違反

  • 点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
  • その法人に対しても上記の罰金(消防法第44条第11号、45条第3号)

一般財団法人日本消防設備安全センター

お問い合わせ

  • 消防局予防課 電話042-751-9133
  • 相模原消防署査察指導課 電話042-751-9134
  • 南消防署査察指導課 電話042-744-0119
  • 北消防署査察指導課 電話042-774-9949
  • 津久井消防署査察指導課 電話042-685-2098
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

予防課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター4階
電話:042-751-9117(予防班)
電話:042-751-9133(消防設備班)
電話:042-751-9136(危険物班)
ファクス:042-786-2472
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

  • 119番のかけ方
  • 届出書・申請書ダウンロード
  • AEDマップ
  • 火災・救助ツイッター @sagamihara_fire
  • (公社)相模原市防災協会
  • 建物の防火安全情報表示制度
  • 違反対象物公表制度

このページのトップへ戻る