エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ防災・危機管理情報 消防情報消防情報消防だより消防コラム › 相消(そうしょう)レター ~拝啓 市民の皆様~

消防情報 消防だより

ここから本文です。

相消(そうしょう)レター ~拝啓 市民の皆様~

相消(そうしょう)レターは、市民の皆様に「相模原市消防局」や「相模原市消防団」をもっと身近に感じていただくことを目的としたコーナーで、市民の安全・安心を守る「消防」の話題をお伝えしていきます(このお便りは、毎月、19日前後に更新します。)。

相消レター(24)タバコが原因の火災

皆さんこんにちは。相模原消防署警備課の奥山です。(4月に予防課から異動しました!)
今回は、タバコ火災についてお便りしたいと思います。
タバコについては「百害あって一利なし」、家に帰れば「ホタル族」、外出先では「喫煙所難民」と嫌われ、愛煙家からは嘆きの声が聞こえてきそうです。今回は「タバコが原因の火災のお話」と、さらに煙たい話になりますが、しばらくお付き合いをお願いします。

タバコが原因の火災は、本市に関わらず毎年出火原因の上位にあがっています。

どうして出火原因の上位になってしまうのか?愛煙家ならこんな経験はありませんか?

  • タバコの火種が落ちて畳やじゅうたんを焦がしたことがある!
  • タバコを消したつもりだったが、数分経つと灰皿から煙がモクモク!
  • 寝タバコをしたまま、消さずに寝てしまい布団が焦げた!
  • 灰皿は山盛りになってから捨てている!
  • 空き缶などを灰皿の代用として使っている!
  • 吸殻は水に濡らさず、そのままゴミ箱へ捨てている!
  • 家の内外で、歩きタバコをしている!
  • 誰も見ていないから、タバコを道路(空地)に投げ捨てた!

などなど

寝たばこのイラスト

タバコの火種は、次の図のように非常に高温で火種が小さいことから、消したつもりでも消えていないことが多くあります。また、消えたと思っていても、炎を上げず、徐々に焦がしながら燃焼する無炎燃焼により、数十分から数時間あとに炎を上げることもあり、喫煙者が出かけた後に出火!という火災が発生することもあります。

たばこの温度の図

最近では、ベランダでのホタル族の増加で、喫煙中の火種が階下に落ち、干してあった布団に着火したり、灰皿代わりにした空き缶やペットボトル、家庭菜園のプランターから出火するなど、ベランダでの火災が増加傾向にあります。

タバコ火災を「0」にするには、タバコを吸わないことが最大の予防策ですが、喫煙を止められない人は喫煙場所を決める、灰皿に水を入れてしっかり消すなど、喫煙マナーを守ることがタバコ火災の撲滅につながります。
紳士・淑女の嗜好品であるタバコでの火災を起こさないために、ご協力をよろしくお願いします。

『付けて安心 住宅用火災警報器』

住宅用火災警報器は、全ての住宅に設置が義務付けられています。時々点検して、作動しないときは、必ず交換しましょう!


※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消防総務課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 相模原市消防局3階
電話:042-751-9105 ファクス:042-786-2471
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

  • 119番のかけ方
  • 届出書・申請書ダウンロード
  • AEDマップ
  • 火災・救助ツイッター @sagamihara_fire
  • (公社)相模原市防災協会
  • 建物の防火安全情報表示制度
  • 違反対象物公表制度

このページのトップへ戻る