エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ防災・危機管理情報 消防情報消防情報消防だより消防コラム › さがみはらの女性消防士~女性が増えると、消防はもっとやさしくなる。~

消防情報 消防だより

ここから本文です。

さがみはらの女性消防士~女性が増えると、消防はもっとやさしくなる。~

皆さん、「消防士」と聞くと、どのような姿を思い浮べますか?
体格がよく体力のある力強い男性の消防士を想像しませんか?
もちろん体格のよい力強い消防士もたくさんいますが、消防士は男性だけでなく女性の消防士もいることを皆さんご存知でしょうか。

私たちが所属する相模原市消防局では758名の消防吏員うち、22名が女性の消防士なのです。(平成29年2月1日現在)
全国的にもまだまだ知名度が低い女性消防士ですが、一人でも多くの人に私たちの存在を知っていただけたらいいなと思い、このコーナーで女性消防士関連の記事を掲載していきます。

第3回 消防隊員にも女性がいます

こんにちは!現場配属二年目、まだまだ新米消防士の松山が、消防隊の仕事について、ご紹介させていただきます。

写真1
はしご搬送の訓練

消防隊の第一の仕事は、火事があった時の消火活動です。
出場指令が入ると、約20キログラムある重い装備を身につけ、車両に乗り込み現場に駆けつけます。この装備で重い資機材を持って活動するのは、女性にとっては簡単な事ではありませんが、それをこなすために、日々訓練や体力錬成を行っています。

消火活動のほかにも、救助隊とともに交通事故の車両に挟まった人を救出したり、事故車両からのオイル漏れの処置をすることもあります。
また、重篤な状態の傷病者の方を一分でも早く助けるため、救急隊と一緒に出動し、応急処置や傷病者の搬送など、救急隊の支援をすることもあります。

災害出場だけでなく、管轄内の消火栓がいつでも使用できるよう点検したり、自治会や企業、学校などの消防訓練に出向し、心肺蘇生法や消火器の取扱い方法の指導なども行っています。
消防訓練へ行った保育園の園児達から、お礼のお手紙をもらった時はとても嬉しかったです。

写真2
今年度最後のお昼

最後になりますが、今年度最後の昼食をご紹介したいと思います。
メニューは相模原消防名物の「インスタント焼きそば」(作り方は消防めしコーナー※にて)です。実はこれ、ひとり3人前もあります・・・(笑)
もちろん、私も完食させていただきました!まさに食事トレーニングですね。
これで午後の訓練も頑張れます!

以上、南消防署相武台分署の松山でした。



※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消防総務課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 相模原市消防局3階
電話:042-751-9105 ファクス:042-786-2471
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

  • 119番のかけ方
  • 届出書・申請書ダウンロード
  • AEDマップ
  • 火災・救助ツイッター @sagamihara_fire
  • (公社)相模原市防災協会
  • 建物の防火安全情報表示制度
  • 違反対象物公表制度

このページのトップへ戻る