エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報相談窓口お年寄り、障害児、障害者の相談 › 発達障害の相談

ここから本文です。

発達障害の相談

発達障害とは

発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」と定められています。
発達障害は、脳機能の働きに生まれつきの特徴があると考えられています。親の育て方や愛情不足、本人の努力不足などが原因ではありません。

発達障害の解説図(厚生労働省「発達障害の理解のために」)

相模原市発達障害支援センター

市では、発達障害のある方とご家族への支援や発達障害の理解を促進していくために、市の発達障害支援に関する専門機関として「相模原市発達障害支援センター」を設置しました。 
発達障害のある方とご家族が地域で安心して生活するためには、地域の方々や日々関わる支援者などの理解やサポートが必要です。相模原市発達障害支援センターでは、支援を求めているご本人やご家族との出会いののち、関係機関との連携のもと、一人ひとりのニーズに応じた支援をめざします。

発達障害支援センターの支援

相談支援

発達障害のある方やご家族などが、日常生活や学校、職場で困っていることなど、さまざまな相談に応じます。

こんなことに気づいたらご相談ください。

成人

「職場での対人関係がうまくいかない」
「働いているが、なかなか仕事が覚えられない」
「障害の特性を知り、自分にあった生活を考えたい」など。

小学生・中学生・高校生など

「人との関わりが苦手」
「勉強をがんばっているのについていけない」
「自分に自信がなくて元気がない」
「進学する時、進路をどのように考えたらいいかわからない」など。

乳幼児期

乳幼児の発達や療育に関する相談は、各区のこども家庭相談課療育相談班等と連携しながら進めます。まずは、各区のこども家庭相談課療育相談班等にご相談ください。

普及啓発

市民や地域で活動している団体に向けて発達障害の理解促進のための啓発活動や研修を行います。

支援者の人材育成

発達障害のある方の所属先や関係機関の支援者に対する研修を行い、支援者の人材育成を行います。

ネットワークの構築・システム作り

ライフステージに応じた切れ目のない一貫した支援をめざし、発達障害のある方とご家族、関係機関や所属先が「つながる」仕組みを整えます。

利用のご案内

  • 対象:市内にお住まいの発達障害のある方、またはその心配のある方(年齢は問いません)。その方の家族及び関係機関からのご相談もお受けします。
  • 相談受付時間:月曜日から金曜日まで(祝日及び年末年始を除く)午前8時30分から午後5時まで
  • 相談の流れ:まずは電話で相談をお受けします。
    ※来所相談の場合は、予約制となります。費用は無料です。
  • 相談電話
    成人・学齢児のご相談:相模原市発達障害センター 電話042-756-8411
    ・乳幼児のご相談:各区のこども家庭相談課療育相談班等
  • スタッフ 社会福祉職(ケースワーカー、心理担当)、保健師、保育士、指導主事
  • センターの場所 陽光園療育相談室棟1階

関連情報

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

陽光園
住所:〒252-0226 中央区陽光台3-19-2
電話:042-756-8410(総務班) ファクス:042-769-3706
電話:042-756-8435(療育相談室) ファクス:042-756-3360
電話:042-756-8418(第一陽光園) ファクス:042-769-3706
電話:042-756-8419(第二陽光園) ファクス:042-769-3706
電話:042-756-8411(発達障害支援センター) ファクス:042-756-3360
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る