エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報住まい・まちなみ › 相隣関係・民法の参考知識

ここから本文です。

相隣関係・民法の参考知識

住みよい住まいとまちづくりのためには、近隣との円滑なおつきあいは重要です。建築指導課では、次のような内容について説明した民法の参考知識のパンフレットを窓口で配布しています。

  • 隣地間距離
  • 目隠し
  • 土留め など

近隣紛争を防ぐために

建物を建築するときは知らず知らずのうちに近隣に迷惑を及ぼしているものです。近隣とのトラブルを防ぐためには、設計者や工事施工者に任せきりではなく、建築主が自ら近隣の人に挨拶を行い、建築計画について良く説明を行い理解を求める等の誠意ある対応が大事なこととなります。

近隣の方も『いずれ挨拶があるだろう』などと楽観せずに、建築計画の説明を建築主に求めるなどの努力も、トラブルを未然に防ぐために必要なことになります。建築に関する近隣紛争は民事上の問題が多く、こうした民事問題については行政が介入できないため(行政の民事不介入)、相互に話し合って解決しなければなりませんので、トラブルの未然防止措置が重要なことになります。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

建築指導課(建築指導班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8253 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る