エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報住まい・まちなみ › 宅地の造成などを行うときについて

ここから本文です。

宅地の造成などを行うときについて

宅地の造成や建築物の新築といった開発行為や建築事業を行う場合は、小規模なものを除き、開発事業基準条例などによる手続又は都市計画法による許可等が必要となる場合があります。
対象となる事業は、次のとおりです。

中央区、南区、緑区

  1. 都市計画法第29条第1項又は第2項の許可を要する開発行為
    • 開発行為とは、主として建築物の建築や特定工作物の建設のために、土地の区画を変更すること、土地に切土・盛土を行うこと、または、宅地以外の土地を建築物の敷地などとすることをいいます。
    • 開発行為を行うときは、原則として許可を受けなければなりません。市街化区域内の土地が500平方メートル以上、非線引き都市計画区域内の土地が1,000平方メートル以上、都市計画区域外の区域内の土地が10,000平方メートル以上となっています。なお、市街化調整区域内で開発行為を行うときは、特定の要件(都市計画法第34条)に該当することが必要です。
  2. 事業区域が1,000平方メートル以上の建築物の建築
  3. 住戸数が21以上の住宅の建築
    • 市街化調整区域では、建築行為についても一定の制限があります。計画の段階で、開発調整課(緑区の城山地区にあっては開発調整課津久井開発調整班)にご相談ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

中央区、南区、緑区(城山地区、津久井地区、相模湖地区、藤野地区を除く)

開発調整課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8250 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

緑区(城山地区、津久井地区、相模湖地区、藤野地区に限る)

開発調整課(津久井開発調整班)
住所:〒252-5172 緑区中野633 津久井総合事務所別館2階
電話:042-780-1418 ファクス:042-784-7474
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る