エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報消費生活消費生活に関する講座・イベント等情報 › 平成26年度に実施した講座・イベント一覧

ここから本文です。

平成26年度に実施した講座・イベント一覧

消費者月間事業(5月)

毎年5月は「消費者月間」として、全国的に消費者・事業者・行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育など様々な取組を実施しています。本市では、消費者月間事業として、講演会を行うほか、国民生活センターの協力により、商品テスト施設見学会を開催しました。

第1弾 消費者月間記念講演会「薬とサプリの常識・非常識」~医薬品と健康食品を安全に利用するために~

具合が悪くなったとき、日々の健康のために、服用している薬やサプリメントの違いや上手な付き合い方、セルフメディケーションの実践方法などをお話しいただきました。

  • テーマ:「薬とサプリの常識・非常識」~医薬品と健康食品を安全に利用するために~
  • 日時:平成26年5月17日(土曜日)午後2時から午後4時まで
  • 会場:市立図書館
  • 講師:薬剤師 榎本 祐子さん(相模原市薬剤師会)
  • 共催:相模原市消費者団体連絡会
  • 参加者:66名

講演会の写真1

講演会の写真2

第2弾 国民生活センター商品テスト施設見学会

中央区弥栄にある独立行政法人国民生活センター相模原事務所では、全国の消費生活センター等へ寄せられた消費者相談等の収集・分析や商品テストを行い、消費者への情報提供や事業者・団体等へのサービスや商品の改善要望等を行っています。そんな国民生活センターの商品テスト施設を実際に見学したり、商品テストの実演を行いました。

  • 日時:平成26年5月30日(金曜日)
    午前の部 午前10時から正午まで
    午後の部 午後1時30分から3時30分
  • 会場:独立行政法人国民生活センター相模原事務所
  • 参加者:37名

施設見学会の写真1

施設見学会の写真2

夏休み子ども消費者教室(8月)

夏休みの期間にあわせて、体験学習等により消費者として必要な知識を身につけることを目的に、子ども向けの消費者教室を開催しました。
本年度は、独立行政法人国民生活センター相模原事務所を会場に「計量の啓発」、「消費者行動の啓発」及び「商品テスト施設見学」の講座を実施しました。

  • 日時:平成26年8月4日(月曜日)午前10時から午後4時30分まで
  • 会場:独立行政法人国民生活センター相模原事務所
  • 内容及び講師:
    【1時間目】
    テーマ:「棒はかりを作ってみよう!」
    講師:計量士 小林 悌二氏
    公益社団法人神奈川県計量協会 計量普及部会の方々
    【2時間目】
    テーマ:「おつかいすごろくでおどうぐ箱を完成させよう☆」
    講師:相模女子大学 人間社会学部 山口由紀子教授
    社会マネジメント学科等の大学生の方々
    【3時間目】
    テーマ:「独立行政法人国民生活センター商品テスト施設見学」
    講師:独立行政法人国民生活センター 商品テスト部の方々
  • 参加者:26名(小学校4~6年生)

1時間目の写真
1時間目「棒はかりを作ってみよう!」

2時間目の写真
2時間目「おつかいすごろくでおどうぐ箱を完成させよう☆」

3時間目の写真
3時間目「独立行政法人国民生活センター商品テスト施設見学」

市制施行60周年記念 第46回 みんなの消費生活展(10月)

消費者団体や企業、学校などが、展示や実演により、取引・契約、悪質商法、食・健康、環境等、毎日の暮らしに役立つ情報を発信しました。
また、今年度は、市政施行60周年を記念し、10月18日(土曜日)にユニコムプラザさがみはらにて講演会を行いました。

消費生活展

会場では、消費者団体や企業、学校などが、展示や実演をしたほか、DVD上映会やコンサート、工作体験など親子連れやお年寄りなど、たくさんの人に催しに参加いただきました。

  • 日時:平成26年10月10日(金曜日)、11日(土曜日)午前10時から午後4時まで
  • 会場:ミウィ橋本5階 インナーガーデン
  • 参加者:約1,000名

消費生活展の写真1

消費生活展の写真2

講演会

福島県が実施する〈「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業〉で派遣された講師から、安全な野菜の提供に向けた生産者の自主的な取組や、東日本大震災後の農業に対する思い、福島県の農業・野菜の魅力をお話しいただきました。

  • テーマ:魅力たっぷり!福島の農に生きる。
  • 日時:平成26年10月18日(土曜日)午後2時から午後4時まで
  • 会場:ユニコムプラザさがみはら
  • 講師:藤田 浩志さん(福島県郡山市農家)
  • 参加者:72名

講演会の写真3

※「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業とは
食と放射能に関して、消費者が不正確な情報や思い込みに惑わされることなく、自らの判断で正しく食品の選択ができるよう、全国各地で開催されている消費者向けの講演会などに福島の生産者などを派遣し、放射性物質低減の取組や検査の状況、生産者の思い等を説明・紹介し、消費者と生産者との理解・交流を図る事業です。

消費者と事業者の暮らしの問題交流会(12月)

近年関心の高まっている消費者問題について、消費者と事業者の相互理解と認識を深めることを目的として、毎年「消費者と事業者の暮らしの問題交流会」を行っています。今年度は「もしものときに慌てない!葬儀とお墓のあれこれ」をテーマとして、葬儀・お墓の契約時のポイントや最近の葬儀事情などについて、講師による講演や事業者・消費者を交えて意見交換会を行いました。

  • テーマ:「もしものときに慌てない!葬儀とお墓のあれこれ」
  • 日時:平成26年12月4日(木曜日)午後2時から午後4時まで
  • 会場:橋本公民館 大会議室
  • 講師:市川 愛さん(葬儀相談員 市川愛事務所代表)
  • 協力事業者:神奈川県葬祭業協同組合 相武支部
  • 参加者:40名

消費者と事業者の暮らしの問題交流会の写真1

消費者と事業者の暮らしの問題交流会の写真2

消費者と事業者の暮らしの問題交流会の写真3

くらしの講座(1月、2月)

日常生活に関わる様々な問題をテーマに、私たちの“消費生活”をより楽しく、より豊かにする情報をお届けする「くらしの講座」を開催しました。
今年度は、家庭の整理収納術のコツ、衣類のお手入れ方法や乳製品を取り入れた食生活等について、3回連続の講座で学んでいただきました。

【第1回】

  • テーマ:「無理せず楽にキレイを保つ片づけ術」
  • 日時:平成27年1月23日(金曜日)午前10時から正午まで
  • 講師:小関 祐加さん(かたづけmom(マム)主宰)

【第2回】

  • テーマ:「衣類の上手なお手入れ・洗濯方法」
  • 日時:平成27年1月30日(金曜日)午前10時から正午まで
  • 講師:全国クリーニング生活衛生同業組合連合会

【第3回】

  • テーマ:「ミルクの魅力‐骨太生活を送ろう‐」
  • 日時:平成27年2月6日(金曜日)午前10時から正午まで
  • 講師:雪印メグミルク株式会社

会場:南区合同庁舎
参加者:延べ90名

第1回「無理せず楽にキレイを保つ片づけ術」の写真
第1回「無理せず楽にキレイを保つ片づけ術」

第2回「衣類の上手なお手入れ・洗濯方法」の写真
第2回「衣類の上手なお手入れ・洗濯方法」

第3回「ミルクの魅力‐骨太生活を送ろう‐」の写真
第3回「ミルクの魅力‐骨太生活を送ろう‐」

第17回くらしを考えるつどい相模原(2月)

食べ残しや期限切れ等によって捨てられてしまう食品ロスの問題を取り上げ、冷蔵庫の中にある食材を見直すことによってこれを削減するための暮らしの工夫について、東京家政学院大学の上村先生に講演していただきました。「ムダなく暮らす」取り組みについて考える機会となりました。

  • テーマ:「冷蔵庫の中から地球が見える」
  • 日時:平成27年2月28日(土曜日)午後1時30分から午後3時30分まで
  • 会場:市立図書館2階大集会室
  • 講師:上村 協子さん(東京家政学院大学副学長・現代生活学部現代家政学科教授)
  • 主催:くらしを考えるつどい相模原実行委員会
  • 参加者:63名

くらしを考えるつどい相模原の写真2

くらしを考えるつどい相模原の写真2

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消費生活総合センター
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る