エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報消費生活消費生活に関する講座・イベント等情報 › 平成29年度に実施した講座・イベント一覧

ここから本文です。

平成29年度に実施した講座・イベント一覧

消費者被害防止啓発キャンペーン(9月)

悪質商法被害防止の啓発及び見守りの推進のため、高齢者被害防止キャンペーン月間の取組事業の一環として駅前や街頭でのキャンペーン活動を行いました。
キャンペーンでは、大野北地区民生委員児童委員協議会の人、相模原警察署職員の人と協力し啓発グッズを配布しました。
また、高齢者宅に振り込め詐欺の注意喚起等を掲載したチラシを配付しました。
見守りの主体となる団体と協力し消費者被害防止の啓発事業を行うのは、本市として初の取り組みとなります。

  • 日時:平成29年9月20日(水曜日)午前10時30分~11時30分
  • 場所:淵野辺駅周辺、市立図書館、大野北公民館
  • 協力:大野北地区民生委員児童委員協議会、相模原警察署
  • 内容:高齢者の消費者被害防止や見守りを呼びかけながら、啓発グッズを配布

参加者の声(大野北地区民生委員児童委員協議会)

  • 消費生活総合センターの認知度が高まっているからこそ、市民の人にも受け取ってもらえた。
  • トートバッグで啓発物を配布することにより、その場だけでなく、実際に使ってもらうことができる。
  • ご高齢の人に加えて、家族や地域の人に対しても見守りの呼びかけができたと思う。

キャンペーンの様子写真
キャンペーンの様子

夏休み子ども消費者教室(8月)

消費者として必要な知識を身につけることを目的として、小学生向けの消費者教室を開催しました。昨年度に引き続き、独立行政法人国民生活センターとの共催事業です。
申込多数で開催した消費者教室は大いに盛り上がりました。
実際に作ったり、使ったり、見てみたりすることで、お金やもの(製品)を身近に感じることができました。
好評につき、来年度も実施する予定です。沢山のご応募お待ちしております。

  • 日時:平成29年8月4日(金曜日)午前10時~午後4時30分
  • 会場:独立行政法人国民生活センター相模原事務所
  • 人数:30名(定員30名)

1時間目 棒はかりを作ってみよう!

棒はかりを作ってみよう!の教室の様子

私たちの身の回りには、たくさんの「はかる」があり、「はかり」は、ものの大きさや重さなどを正しく「計量」し、安定した消費生活を行うためにとても大事なものです。
はかりの作製を通じて、普段何気なく行っている「はかる」について考えました。

  • 講師:(公社)神奈川県計量協会

子ども達の声

  • 物の量り方がよく分かった。
  • 計ることは、とても大切だということが分かりました。

保護者の声

  • 身の回りの物をはかる時間が長くあって良かったです。とても楽しそうでした。
  • シンプルな計量器具で正確に計れて驚いた。

2時間目 チャレンジ!かいものスタンプラリー

チャレンジ!かいものスタンプラリーの作業の様子

お金は無限に使えるものではありません。
計画的に使わなければ、生活できなくなる場合や、トラブルにつながる場合があります。小学校高学年だからこそ知っておきたいお金の使い方や社会のルールなどを、スタンプラリーで遊びながら楽しく学びました。

  • 講師:相模女子大学山口由紀子教授、学生

子ども達の声

  • 3,000円で何が買えるかと考えて買えた。クイズやすごろくも楽しかったけどお金の使い方も分かった。
  • 計画性を持って買いたいものだけしっかり買うことができた。

保護者の声

  • 買い物の際に無駄なものを見直すよう子どもに注意させたい。
  • 大学生とふれあうのは年も近いのでとても楽しそうでした。

3時間 目商品テスト施設見学

商品テスト施設見学の写真

私たちの生活は商品であふれていますが、ドライヤーなどの電化製品は、正しい使用方法を守らなければ、火災などの事故が発生する危険がひそんでいます。商品テスト施設の見学を通じて、身近にひそむ商品の危険を学習しました。

  • 講師:(独)国民生活センター商品テスト部

子ども達の声

  • どんな物が危ないかなどが分かった。日常品で使っているものがたくさんあったので気をつけたい。
  • 国民生活センターでやっている仕事がよく分かった。
  • 実際に体験や見たりしてたくさんの事が分かったので良い。

保護者の声

  • 見たことのない機械が見られて大変興味深かった。
  • 実際に実験してくれたのでとても楽しかったです。

商品テストとは、人の生命・身体等に重大な影響を及ぼす商品や品質・表示等に問題ある商品について、消費者被害の救済や未然防止・拡大防止のために実施するもので、消費者の使用実態を考慮しつつ科学的に信頼性の高いテストを行っています。

アンケート結果:感想等自由意見(一部抜粋)

子ども達

  • いろいろ学べてよかったです。楽しみながら学べたのでよかったです。
  • 今日はいろいろなことがあってあまり知らなくて気にしなかったものが、こんなにすごいことがあったということがすごいと思いました。
  • 知らなかったことが詳しく知れてよかったです。お父さんお母さんに教えたいです。

保護者

  • ふだん見聞きできないので非常に良かった。できれば次回も参加したい。説明ができるようにしたい。
  • 地元の友人から相模原の消費生活センターのことを少し聞いていたので話してみようと思います。様々なお仕事があるのだと驚きました。消費者の味方になってがんばって下さい!
  • 購入したもので困ったことがあったら相談してみようと思った。(消費生活総合センター)

その他、楽しかった等の意見多数あり。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消費生活総合センター
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る