エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報消費生活消費生活に関する講座・イベント等情報 › 第49回 みんなの消費生活展

ここから本文です。

第49回 みんなの消費生活展

参加者に消費者としての知識や判断力を身につけていただくため、消費者団体や企業、学校などが展示や実演を通じて、取引・契約、悪質商法、食・健康、環境等、毎日の暮らしに役立つ情報を発信します。
落語やマジックショー、コンサート、工作体験など親子連れやお年寄り、どなたにも楽しめる催しが盛りだくさんです。クイズラリーに参加した人には、景品をプレゼントします。
今年は、新たに振り込めサギ防止コンサートとフードバンクを実施いたします!

  • 日時 平成29年10月20日(金曜日)・21日(土曜日)午前10時~午後4時
  • 会場 ミウィ橋本5階 インナーガーデン(緑区橋本3-28-1)
  • 参加無料

イベント内容

ステージイベント

コンサートや工作教室など、大人も子どもも楽しめるイベントが盛りだくさん♪

20日(金曜日)

  • 午前11時~ 悪質商法防止落語(夢見亭わっぱ)
  • 午前11時50分~ サガピーと一緒に栄養表示を学ぼう!(健康増進課)
  • 午後0時30分~ ステージコンサート(るあん(Luann))アコーディオン・バイオリンの演奏
  • 午後1時30分~ ガス管で万華鏡を作ろう!(東京ガス)
  • 午後3時~ ふくしまの今を語る講演会(ふくしまからはじめよう。「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業)

21日(土曜日)

  • 午前11時~ 振り込めサギ防止コンサート(地域貢献型アイドル Flare)
  • 午前11時30分~ 振り込めサギ防止マジックショー(ミスターTK)
  • 午後1時~ ステージコンサート(フルートアンサンブル ロアンブリーゼ)
  • 午後1時50分~ 身近に潜む商品の危険(国民生活センター)
  • 午後3時~ ふくしまの今を語る講演会(ふくしまからはじめよう。「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業)

写真1
夢見亭わっぱ

写真2
ミスターTK

市内団体等によるブース展示

市内で活動する消費者団体等による展示や実演を行います。

参加団体の紹介と出展内容
さがみはら消費者の会 添加物や表示、食品ロスなど「食」に関わる疑問や課題のほか、輸入、環境など、身近な「消費者」に関わる課題を気軽に情報交換や学習会をとおして学びあい、安心な暮らしを守る活動をしています。暮らしのチョットした情報についてパネル展示等をします。
相模原市
生活協同組合運営協議会
本協議会の加盟団体は6生協ですが、ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、さがみ生活クラブ生協、神奈川北央医療生協の4生協が参加します。神奈川北央医療生協は福祉医療を専門とする生協ですが、他の3生協は購買生協として独自の商品や活動を行っています。それぞれの独自商品や活動を紹介します。
桂川・相模川流域協議会 私たちの飲み水である桂川・相模川の水質、水量を保全するため、環境保全活動に取り組んでいます。今回は活動内容のパネル展示、生ごみ堆肥ボックス展示、水をきれいにするアクリルたわしの作り方講習などを行います。
さがみはら農産物
ブランド協議会
相模原市産農畜産物に、統一ブランド名「さがみはらのめぐみ」を表示することで、市内産農畜産物の知名度を高め、消費拡大や地産地消の促進を目指しています。市内産の農畜産物特産品の紹介、さがみはら農産物ブランド協議会の活動内容等を紹介します。
相模女子大学
社会マネジメント学科
山口ゼミ
私たちは、まちづくりや商品開発など、社会のしくみづくりに関することを幅広く学び、消費者問題をテーマとする活動にも取り組んでいます。今回は、夏休み子ども消費者教室「チャレンジ!かいものスタンプラリー」の様子の展示や、全国の名産品などから都道府県を答えるクイズを行います。
東京家政学院大学 本学は、衣・食・住・デザイン・児童・福祉など現代生活学諸分野の教育・研究活動を行っています。相模原市の隣、町田市相原町にある町田キャンパスで展開している学科が相模原市周辺地域で行った連携活動の紹介をパネル展示で行います。
一般社団法人関東電気保安協会
神奈川事業本部 相模原事務所
ビルや学校、病院など高圧受電設備の点検と省エネのアドバイス、一般のご家庭に4年に一度、電気の設備点検の訪問を行っています。更に地域のイベント時に電気安全に関するPR活動も行っています。電気の正しい使い方や省エネに対する情報提供や、模擬盤を使用し、ブレーカーが動作したときの対処方法を説明します。
東京ガス株式会社
神奈川西支店
東京ガスグループは、天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていきます。地震防災対策のパネル展示やマイコンガスメーター展示と復帰操作体験などを行います。
特定非営利活動法人 Wish フードバンクと学習支援を中心に活動しており、途上国支援も行っています。フードバンクは行政、市社協の窓口より要請を受け、食品を必要とする人へ定期的にお届けしています。学習支援は小中高生を対象に勉強を教えています。活動の紹介をパネル展示で行います。
独立行政法人
国民生活センター
「消費者基本法」に基づき、国や全国の消費生活センター等と連携して、消費者問題における中核的機関としての役割を果たしています。国民生活センターが実施した商品テストの紹介やテスト結果をまとめたポスターの掲示と、くらしに潜む危険に関するリーフレットの配布を行います。
神奈川県金融広報委員会 神奈川県県民局くらし県民部消費生活課・日本銀行横浜支店・財務省関東財務局横浜財務事務所の3者により事務局を構成し、金融広報中央委員会・県内関係団体と連携しながら、中立・公平な立場で、くらしに身近な金融に関する幅広い広報活動を行っています。パネル展示や1億円の重さ体験を行います。
ふくしまから はじめよう。「ふくしまの今を語る人」県外派遣事業
(受託事業者 株式会社クリフ)
本事業は、食と放射能に関して、消費者が不正確な情報などに惑わされることなく、食品の選択ができるよう、福島県の農林水産関係業者等が自ら、放射性物質低減の取組や検査の状況等を紹介し、消費者との理解・交流を図る事業です。福島県の食品や観光に関する展示、福島の農産物で作った加工品の販売を行います。(予定)
相模原市消費生活センター(計量コーナー) 安心した消費生活を行うには正しい計量が必要です。本市では計量法などに基づき適正な計量管理や計量に関する啓発を行うほか、取引・証明に使う各種計量器などについて検査を行っています。今回は、啓発に使用しているポスター等の展示を行います。
相模原市
消費生活総合センター
本センターでは、消費生活専門相談員などの資格を持った相談員が、悪質商法による被害や商品事故の苦情などの相談に応じ、助言や情報提供などを行っています。今回は悪質商法の事例や対処法を紹介するほか、インターネットによる契約トラブルを実際に体験できる実演を行います。

クイズラリー

各ブースに掲示してあるクイズラリーに答えると、景品をプレゼント♪
景品には、リサイクル品のおもちゃや相模原産の野菜をご用意しています。
どんなものがあるかは当日のお楽しみ♪

不要な食品を募集します! フードバンク

イベント期間中に、次の条件に合うものを募集します。
不要な食品をお持ちの人は、会場にお持込ください。

条件

  • お米、麺類、缶詰
  • 賞味期限が1カ月以上
  • 未開封

いただいた食品はNPO法人を通じて生活困窮世帯や福祉施設に発送されます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

このページに記載されている情報の担当課

消費生活総合センター
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る