エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報消費生活よくある相談事例 › パソコン教室を中途解約したい

ここから本文です。

パソコン教室を中途解約したい

事例

パソコン技術を習得したいと思い、教室へ通うことにした。受講料など1年間分、総額36万円を現金で前払いしたが、半分ほど受講したところで勤務先が変わり、仕事が忙しくなった。教室に通うのも遠くなり、これから先継続して受講できないので悩んでいる。時間の余裕ができたら再開すればよいと説得されましたが、やはり解約したい。

対処法

  • 以前はなかなか解約に応じてもらえない事例がありましたが、パソコン教室は2004年1月から「特定継続的役務」に追加指定され、クーリング・オフや中途解約が可能になりました。
  • 役務(サービス)提供開始後の中途解約では、(1)初期費用(入学金など)、(2)提供された役務の対価、(3)通常生ずる損害の上限額(5万円又は契約残額の20パーセントのうち低い額)の合算した額で清算することになります。速やかに解約を申し出て、返金を求めましょう。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消費生活総合センター
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る