エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報消費生活よくある相談事例 › 引越しの見積りを依頼し、キャンセルしたらキャンセル料を請求された

ここから本文です。

引越しの見積りを依頼し、キャンセルしたらキャンセル料を請求された

事例

引越しの見積りを依頼した。自宅に業者が来たが、考えていた金額より高額だったのでキャンセルしたいと申し出たら、キャンセル料を請求された。

対処法

  • 「標準引越運送約款」では、見積書に記載した受取日の前日の解約または延期の申し出は10パーセント以内の解約料または延期手数料が、当日は20パーセント以内の解約料または延期手数料が請求されます。ただし、その額は見積書に記載しなければなりません。
    また、見積りは原則無料ですが、下見を行なう場合は事前に必要額を示し、依頼主の了解を得た上で費用を請求することができます。このような場合は見積書に記載された解約手数料や下見に要した費用を支払わなくてはなりません。

契約するときのポイント

  • 「標準引越運送約款」では、引越し業者に対し見積りの時に申込者にこれを提示するようになっていますので、内容をよく確認しましょう。
  • 見積りの時には、日時、支払方法、作業内容、運賃、作業員の人数など細かく打ち合わせをしましょう。
  • 運送業者は、引越しの2日前までに、見積りの記載内容に変更がないかを確認することになっています(「標準引越運送約款」)。
  • 引越し作業時に、荷物その他のものを業者が傷つけた場合、業者に賠償責任があります(申し出は3か月以内、「標準引越運送約款」)。

業者選びのポイント

  • 複数の業者に見積りを頼み、信頼できる業者かよく内容を確かめましょう。
  • 業者を利用したことのある人に話を聞き、実際に作業が丁寧であったか、日ごろから情報収集をしましょう。
  • パック商品の場合、その内容が自分たちの引越し内容に適したものか、よく話を聞きましょう。
  • 運送業者もいろいろありますので、国土交通省からトラック運送事業者として許可されている運送業者か確認しましょう。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

消費生活総合センター
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る