エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報戸籍・住民票・パスポート › 転籍届(本籍地を移すとき)

ここから本文です。

転籍届(本籍地を移すとき)

届出人

戸籍の筆頭者およびその配偶者

届出地

届出人の新しい本籍地、現在の本籍地または所在地(一時滞在地を含む)を所管する区のいずれか1か所

受付窓口 ・ 受付時間

  • 受付窓口 各区役所区民課、各まちづくりセンター(橋本、本庁地域、大野南まちづくりセンターを除く)、各出張所、牧野連絡所、佐野川連絡所
  • 受付時間 平日(月曜日~金曜日) 午前8時30分から午後5時まで
    各区役所区民課では、毎月第2・第4土曜日の午前8時30分から正午も開庁しています。
開庁時間内に届出ができない場合
休日や時間外に届出をする場合、届書はお預かりするだけになります。記入漏れ、記入誤り、必要書類の不足等があった場合には、後日来庁していただくことがありますので、必ず平日の昼間連絡のとれる電話番号を届書に記入してください。

必要書類

  • 転籍届の用紙
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)1通 (同一区内での転籍届の場合は不要です。)
  • 印鑑(届出書に押印したもの。戸籍の筆頭者と配偶者それぞれのものが必要です。)

市内他区への転籍届について

  • 転籍届の用紙(戸籍の筆頭者・配偶者の自筆での署名が必要です)
  • 印鑑(配偶者がいる場合には筆頭者と配偶者それぞれのもの)
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)1通 (同一区内での転籍には不要です) 

※相模原市内間の転籍であっても本籍地の区が変更となる場合は戸籍全部事項証明書(謄本)の添付が必要です。届出時に添付用の戸籍を請求する場合、発行にかかる手数料は免除となります。
戸籍全部事項証明書(謄本)の請求資格のない人が、戸籍全部事項証明書(謄本)の添付のない転籍届出書のみを持参された場合は、戸籍全部事項証明書(謄本)請求のための委任状が必要となります。戸籍全部事項証明書(謄本)の請求資格のない人が委任状を持参されていない場合、戸籍全部事項証明書(謄本)の請求はできないため、転籍届は受付できません。
戸籍全部事項証明書(謄本)の請求資格に関わらず、届出より前に取得された戸籍全部事項証明書(謄本)と記入済みの届書を持参された場合は、届出はできますが手数料は免除となりませんのでご注意ください。

注意事項

届出後の戸籍全部(個人)事項証明書の発行には日数がかかります。証明書が発行できるようになるまでの日数は届出地等により異なりますので、事前にお問い合わせください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

緑区役所区民課(戸籍班)
住所:〒252-5177 緑区西橋本5-3-21 緑区合同庁舎2階
電話:042-775-8804 ファクス:042-770-7008
メールでのお問い合わせ専用フォーム
中央区役所区民課(戸籍班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館1階
電話:042-769-8337 ファクス:042-769-7037
メールでのお問い合わせ専用フォーム
南区役所区民課(戸籍班)
住所:〒252-0377 南区相模大野5-31-1 南区合同庁舎1階
電話:042-749-2132 ファクス:042-749-2255
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る