エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報戸籍・住民票・パスポート › 本人通知制度

ここから本文です。

本人通知制度

住民票の写し等の不正取得がされた場合において、本人にその旨を通知することにより、本人の権利及び利益を保護するとともに、不正取得の抑止を図ることを目的として実施します。

不正取得

偽りその他不正の手段により住民票の写し等の交付を請求し、交付を受けることを言います。

対象となる証明書(住民票の写し等)

  • 住民票の写し
  • 戸籍の附票の写し
  • 戸籍全部(個人)事項証明書 など

通知する場合

  • 住民票の写し等を取得した者が、住民基本台帳法第47条第2号又は戸籍法第133条若しくは第134条の規定に該当する不正取得者であることが明らかになった場合
  • 国又は県の通知等により、特定事務受任者が職務上請求書を使用し、不正取得をした事実が明らかになった場合
    ※特定事務受任者
    弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士又は行政書士(8士業。法人を含む。)
    ※職務上請求書
    特定事務受任者が所属する団体が発行した住民票の写し等の交付を請求する書類

通知の方法

書面で通知します。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

区政支援課(窓口支援班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-704-8911 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る