エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報交通交通計画 › 都市交通施設整備基金

ここから本文です。

都市交通施設整備基金

都市交通施設整備基金は、都市交通施設を整備する財源を計画的に確保するための基金です。

基金設置の目的

  • 「小田急多摩線の延伸」、「新しい交通システムの導入」や「リニア中央新幹線の駅誘致」など将来の交通施設に係る整備には、多額の事業費が想定されたことから、健全な財政を保ちながら交通施設整備の財源を確保するため、平成20年4月に基金を設置しました。
  • 市民の皆様には、事業の重要性を御理解いただくとともに、お寄せいただいた御寄附については、本基金に積立て、将来の交通施設整備の財源として活用させていただきます。

基金の状況

  • 基金額 1,915,740,317円(平成29年3月末現在)

寄附

都市交通施設整備基金の趣旨に御賛同いただき、御寄附いただける場合には、交通政策課まで御連絡ください。

(注)この基金への寄附は、寄附金控除の対象となります。
(注)将来の都市交通施設の整備に対しての寄附となります。特定の事業に限定する寄附は行えません。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

交通政策課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8249 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る