エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報交通鉄道リニア中央新幹線について › リニア中央新幹線計画の概要と本市の取組みについて

ここから本文です。

リニア中央新幹線計画の概要と本市の取組みについて

リニア中央新幹線駅の誘致地区について

平成24年2月、県・市で協議した結果、リニア中央新幹線駅を「橋本駅周辺」に誘致することについて、合意しました。
その後、リニア中央新幹線建設促進神奈川県期成同盟会として正式決定した後、平成24年4月に知事・市長がJR東海の社長に対して要望しました。
平成25年9月、JR東海が公表した「環境影響評価準備書」の中で、神奈川県内駅が「橋本駅付近」に設置されることが明らかになりました。

誘致地区選定の考え方
  • 橋本駅周辺は、既に鉄道3線が乗り入れ、また、今後供用が予定されるさがみ縦貫道路からのアクセス性に優れ、より多くの県民の利用が見込まれること。
  • 橋本駅周辺におけるポテンシャルや土地利用転換の可能性から、将来のまちづくりの発展性が非常に高いこと。

リニア中央新幹線について

開業目標(JR東海発表)

  • 東京都-名古屋市間 2027年(平成39年)
  • 東京都-大阪市間 2045年(平成57年)

最高設計速度

  • 時速505キロメートル
  • 東京都-名古屋市間を最速40分
  • 東京都-大阪市間を最速67分

総事業費

  • 東京都-大阪市間で約9兆円(車両費を含む)
  • JR東海が全額自己負担

中間駅建設費用(JR東海発表)

  • 県内駅の建設費用は約2,200億円
  • JR東海の意向は「県や市町村などによる全額地元負担」でしたが、本市も含めた関係者が一丸となって地元負担の軽減に向けた取組みを進めた結果、平成23年11月にJR東海より「中間駅の建設費用も全額負担する」ことが表明されました。

ルート及び駅位置等

相模原市内の路線概要

相模原市内の計画路線は、町田市境から相模川までは、地下トンネル構造で出来る限り直線に近い線形となり、相模川から山梨県境までは主に山岳トンネル構造となります。市内を通過する約23キロメートルのうち、約90%がトンネルとされています。
山岳トンネル部には、約5キロメートルごとに非常口(市内4箇所)が設置され、トンネル内の換気や異常時の避難等に使用されます。一部の非常口は本線部のトンネル掘削工事の起点となります。
相模川や道志川を渡河する橋梁については、できる限り短い距離で横断することとされています。

路線概要図の画像
路線概要図

トンネルの図
トンネルの標準的な断面図

非常口(山岳部)の図
非常口(山岳部)のイメージ

相模川橋梁景観のイメージ画像
相模川橋梁景観イメージ

出典:中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書

神奈川県駅(地下駅)のイメージ

平成25年9月に公表された「中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書」において、神奈川県駅が橋本駅付近に設置されることが明らかになりました。
駅は、地下約30メートルに幅最大約50メートル、長さ約1キロメートル、面積約3.5ヘクタールの規模で、主な旅客施設は地下3階構造となる見込みです。地下3階には2面4線の島式ホームが設置されるほか、地下2階に入出場口や旅客トイレなどが設置される予定です。
JR東海では、地下1階や地上部については地元等での活用を想定しています。

神奈川県駅の図

出典:中央新幹線(東京都・名古屋市間)における大深度地下の公共的使用に関する特別措置法に基づく「事前の事業間調整」に係る事業概要書

駅平面図

地下駅イメージ

出典:中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書

車両基地・変電施設

車両の留置や検査・整備等のため、相模原市緑区鳥屋付近に関東車両基地が建設される計画です。車両基地には、留置線、検査庫、臨時修繕庫及び事務所棟が設置されるほか、保守基地も併設され、面積約50ヘクタールの規模になることが想定されています。周辺には環境保全措置として約1~2ヘクタールのビオトープの設置が計画されています。
また、列車の制御に必要な電力を供給するため、路線沿線に20~40キロメートルの間隔、面積約3.2ヘクタールの規模で変電施設の設置が計画されており、市内では緑区小倉付近と車両基地内の地上に計画されています。

車両基地の図
車両基地の概要

ビオトープのイメージ画像
ビオトープイメージ

変電施設の図
変電施設の概要

出典:中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書

詳細なルートなど

詳細なルート等はJR東海のホームページよりご覧いただけます。

超電導リニアの技術評価について

超電導リニアについては、平成21年7月に、国土交通省の超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会において「超高速大量輸送システムとして運用面も含めた実用化の技術の確立の見通しが得られており、営業線に必要となる技術が網羅的、体系的に整備され、今後詳細な営業線仕様及び技術基準等の策定を具体的に進めることが可能となった」との技術評価がなされています。また、国土交通省の中央新幹線小委員会でも同様の評価がなされており、超電導リニアの技術については、実用化に向けて一定の見通しが得られているところです。

リニア中央新幹線に関するこれまでの経過

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

リニア事業対策課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-704-8910 ファクス:042-754-8490
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る