エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報交通バス › バスサービスの充実

ここから本文です。

バスサービスの充実

バス交通基本計画の推進について

バス交通は市民の生活の移動手段として大変重要な公共交通機関です。しかし、バス利用者の大幅な減少等により、バス事業者の経営は大変厳しく、不採算路線からの撤退や、公営バスの廃止が、全国各地で問題となっています。
こうした状況を踏まえ、津久井地域との合併や高齢社会の進展などに対応し、新市のあるべき路線バス網の構築やバスの利用促進などを進めていくため、平成24年3月に「バス交通基本計画」を策定しました。
この基本計画はバス路線網の基本的なあり方を示す「バス路線網計画」、コミュニティバスや乗合タクシーなどバス路線網を補完し、交通不便地区等における移動制約者の生活交通の確保を図る「コミュニティ交通計画」、バス交通の利便性等を高め、利用促進を図る「バス活性化計画」を柱として、目標とする『効率的かつ利便性の高いバス路線網の構築』を目指すものです。

進行管理

計画を着実に推進するためには、市民、交通事業者、行政等がそれぞれの役割を担い、協働の認識のもとで各施策を展開していくことが必要です。このため、施策の効率的かつ効果的な展開を図る観点から、「誰が何をするのか」ということを明らかにするため、市民、交通事業者、行政等のそれぞれが取り組む事項を計画の中で明確にし、各実施主体の積極的な取り組みを推進します。
また、地域公共交通会議において、評価・検証等の進行管理を実施します。

施策実施状況の評価(年に1回実施)

施策の実施状況を「整備箇所数」「導入台数」等の「実施指標」で評価し、実施状況に対して「所要時間短縮」「利用者数増加」等、「モニタリング指標」の変化を検証することにより、施策実施目的の達成可能性を評価します。

計画目的達成度の評価(3年に1回実施)

計画目的の達成状況を「成果指標」で検証し、目標値との比較により達成度を評価します。また、各目的の達成に向け実施した施策の「モニタリング指標」を検証し、計画目的達成への貢献度を評価します。

乗り継ぎ割引について

平成15年の旧相模原市内のバス路線の再編により、乗り継ぎが発生した路線について、乗り継ぎ負担の軽減を図るため、平成20年11月1日から乗り継ぎ割引が実施されました。

「乗り継ぎ乗車証」が必要なバス停

原当麻駅、北里大学、小田急相模原駅、上溝駅、光が丘一丁目、相武台前駅

利用方法

1台目のバス降車時に運転手に申し出て「乗り継ぎ乗車証」をもらい(通常運賃を支払い)、2台目のバス降車時に「乗り継ぎ乗車証」を提出して、割り引かれた運賃を支払うものです。
割引額は以下のとおりです。

大人100円、小児50円 (大人障がい者50円、小児障がい者30円)です。
(注)深夜バスの割引額は、大人200円、小児100円(大人障がい者100円、小児障がい者50円)となります。

ICカード利用時に乗り継ぎが可能なバス停

田名バスターミナル

利用方法

田名バスターミナルで1時間以内にバスを乗り継ぐ場合は、Suica(スイカ)または、PASMO(パスモ)使用時に限り、乗り継いだバスでの支払い時に一律100円(小児・障がい者は50円)が割り引きされます。
また、「水郷田名」「望地キャンプ場入口」バス停から「田名バスターミナル」バス停区間の運賃が大人1乗車100円になります。
詳しくは、次までお問い合わせください。

  • 神奈川中央交通株式会社 相模原営業所 042-778-6793
  • 神奈川中央交通東株式会社 橋本営業所 042-775-0850

バスのバリアフリー化の促進及びバス待ち環境の向上

バスのバリアフリー化の促進について

車いすなどでも利用しやすいバスの導入を促進するため、バス事業者に対して、ノンステップバス購入費に対する補助を行い、バスのバリアフリー化の促進を図っています。

ノンステップバスの写真

バス待ち環境の向上

快適なバス待ち環境の実現のため、バス事業者が設置する、バス停の上屋・ベンチについて設置補助を行いバス待ち環境の改善を図っています。
また、平成26年4月から供用開始した田名バスターミナルには、始発から終発までの時間帯に利用できる「トイレ併設バス待合所」を整備しました。

「トイレ併設バス待合所」の写真

地域住民やバス事業者との連携による民地を活用したバス待ち環境の安全性・快適性の向上

  • バス停名称 水道路(相模大野駅方向)
  • 所在地 相模原市南区双葉

水道路バス停は、バス停上屋・ベンチを設置するために必要な道路幅員が不足する等の課題がありましたが、土地所有者様によるバス待ちスペースの無償提供や、周辺自治会による用地整備費用の一部負担など、地域の皆様の協力により、平成29年1月に上屋・ベンチが設置されました。

改善前と改善後の比較写真

バスロケーションシステム

バスの接近情報や目的地までの到着予測・運賃、及びバリアフリー対応車両の運行状況が、株式会社神奈川中央交通のホームページから検索できます。

また、バスの運行状況がリアルタイムで確認できる「バス運行情報案内表示機」を田名バスターミナル、相模大野駅、相模原駅の市内3か所に設置してあります。
田名バスターミナル、相模大野駅の案内表示は乗場順、相模原駅の案内表示は出発時刻順に表示されるとともに、バスの乗場案内図も表示します。

バス運行情報案内表示機の図

公共車両優先システム(PTPS)の導入

自動車交通量の増加に伴う交通渋滞の悪化により、排気ガスなどの大気環境への影響や、バスの定時・定速性の低下により利用者離れが課題となっています。
このため、

  1. バスの定時性、定速性の確保を行うなど利便性の向上による、利用促進及びマイカーなどからの利用転換を図ること。
  2. マイカーなどからのバスへの利用転換により、排ガスの低減を図ること。

を目的とした、公共車両優先システム(PTPS)を上溝駅から高田橋際交差点まで、及び相模大野駅から相模原公園入口交差点の区間で導入しています。
システムの内容は交差点手前にある光ビーコンが車載器を搭載したバスの接近を感知し、信号機について、赤信号の短縮または青信号の延長を行い、バス運行を円滑にするものです。

バスを使って公共交通のよい循環を!

図:バスを使って公共交通のよい循環を! 悪い循環「利用者減少→運行本数減少・路線の撤退→バスは不便(この意識の増長)」 結果:マイカーの利用が増え、交通渋滞の増加・廃棄ガス等での環境負荷増大、事業者の撤退を補うため税金の投入が増加、交通が不便、住みにくいまち、人口の減少、税収の減少が懸念 公共交通の利用促進すると めざす循環「利用者増加→運行本数増加・路線の拡充→バスは便利(この意識の増長)」 結果:マイカーの利用が減少 交通渋滞の減少、排気ガス等での環境負荷軽減、交通が便利、住みやすいまちに、人口の増加、税収の増加が期待

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

交通政策課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館4階
電話:042-769-8249 ファクス:042-757-6859
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る