エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報税金 › 市税に関する不服の申立て

ここから本文です。

市税に関する不服の申立て

  • 市税の賦課(課税)決定処分や滞納処分などについて不服があるときは、市長に対して審査請求をすることができます。
  • さらに、審査請求に対する裁決になお不服があるときは、処分の取消しを求める訴えを提起することができます。

(注)固定資産税課税台帳に登録された価格についての不服は、固定資産評価審査委員会への審査申出事項になりますので、市長に対して審査請求をすることはできません。

審査請求ができる人

市税の賦課決定や督促などの処分を受けた人 又はその代理人

審査請求期間

市税の賦課(課税)の決定
決定の通知(納税通知書)を受け取った日の翌日から3カ月以内
督促
督促状を受け取った日の翌日から3カ月以内又は差押えに係る通知を受け取った日の翌日から3カ月を経過した日のいずれか早い日
不動産などの差押え
差押えの通知を受け取った日の翌日から3カ月以内又はその公売日等のいずれか早い日

審査請求の方法

審査請求をされる人は、審査請求期間内に審査請求書を正副2通作成し、税制課(市役所第2別館2階)に提出してください。

※審査請求をすることができる期間など、詳細については、それぞれの処分の通知書に記載がありますのでご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

税制課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館2階
電話:042-769-8220 ファクス:042-757-8108
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る