エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報税金固定資産税・都市計画税 › 固定資産の評価替えについて

ここから本文です。

固定資産の評価替えについて

固定資産税を「適正な時価」で課税するため、土地と家屋の評価額については、基準年度(3年ごと)に資産価格の変動に対応した、適正な評価額に見直す制度になっています。
これを「評価替え」といい、原則として基準年度の評価額を3年間据え置くものとされています。
なお、土地の評価額については、据え置き年度において地価の下落があり、評価額を据え置くことが適当でない場合は、評価額を修正できる制度になっています。
平成27年度に評価替えが行われ、平成28年度・平成29年度は据え置き年度となります。次の評価替えは平成30年度になります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

資産税課(土地評価班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館2階
電話:042-769-8298 ファクス:042-757-8108
メールでのお問い合わせ専用フォーム
資産税課(家屋評価班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館2階
電話:042-769-8224 ファクス:042-757-8108
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る